2012年12月31日月曜日

年の瀬ブログ

昨夜は山頂にあるホテルで家族と過ごした。幾つかの温泉を巡る合間に今年一年を振り返ってみたのだが、今年も例年のごとくいろいろあった一年であったような気がする。ただ例年と異なる点を一つ挙げれば、今年はこのブログやフェイスブックでその「いろいろ」を周囲の人たちや世

2012年12月29日土曜日

丑三つに

今、午前2時を過ぎたところです。12時頃にラボの忘年会から帰ってきて、風呂に入ってゆっくりした後。卒業生のS先生をゲストに招いての忘年会だったんだけど、こういう場を通じてのネットワーキングって大事ですよね。僕のここ数日のブログも話題になって、結構、みんなで盛り上が

2012年12月27日木曜日

オレでもできるよ

年末に仕事絡みの話が続いて申し訳ないのだが、昨夜の続きで新カリキュラムのお話を。このブログでも何回か登場している科目で「臨床理学療法学演習」という3年生の後期に開講している科目があるのだが、どうやらこの科目を「より臨床的な」科目にしたいという意向がカリキュラム

2012年12月26日水曜日

根拠あんの?

今年も終わろうとしていますが、今日は会議がありました。大学自体は明日の午後からお休みとなるようです。新カリキュラムに関する会議で、どの科目をいつ誰がやるかといったことを話合いました。その中で、僕と他の何名かの教員で教える科目のコマ数(講義の回数)を幾つにする

2012年12月25日火曜日

ハーメルンの笛ふき

今朝は家族や友人にクリスマスプレゼントをした人たちも多いと思うのだが、僕は恥ずかしながらすっかりプレゼントを用意するのを忘れていた。

2012年12月22日土曜日

「カネメ」ってどんな字書くの?

先日このブログで「授業単価」の話をして、そのアイデアをほかのいろんな提案に織り交ぜ、少しフォーマルな形で一部の人たちに公開したんだけど、その提案書を読んだある教授から、

2012年12月21日金曜日

全員決まった!

今日の午後はうちの卒業生のK先生を招いて2回目のOSCE演習。K先生はOSCEという言葉を今回初めて聞いたそうなのだが、「実技試験のことですよ」と答えておいた。「それ、昔からやってますよね?」「ええ、そうですよ」「なんで実技試験って言わないんですか?」「さあ、なんで

2012年12月20日木曜日

日本の運動学

先日、理学療法士の学校のカリキュラムのことである人と話してたんだけど、リハビリ系の学校のカリキュラムには「運動学」って科目が昔からあるんですね。PTやOTなどのリハビリ士さんであれば、この言葉を聞けばどんなことを学ぶ科目なのかおよそ想像がつくと思うのですが、リハ

2012年12月19日水曜日

どれだけ捨てれるかっすね

年末っすね。今日は寒いっすよ。今朝はメルマガ書いた後、ジムに行きました。本当は外を走るつもりだったんだけど、ちょっと考えて筋トレを優先することにしますた。サウナで汗流して、垂水の騒々しいレストラン(たぶんもう行かないだろう)でランチして、それから大学で仕事し

2012年12月17日月曜日

504万人に辞めろと言われたら...

今日は全くの余談でおそらくこれを読んだとしてもあなたにとっては何の役にも立たないことになると思うのだが、504万人から「おめえ、辞めろ!」と言われたらどんな気持ちがするんだろう。「辞めろ!」というのは、「仕事を辞めろ」という意味です。最高裁判事の国民審査。岡部

2012年12月16日日曜日

ふと思い浮かんでしまったので

今日は選挙に行ってきました。投票です。最高裁判事の審査みたいなのもあったんだけど、あれを国民一人一人に聞いて回るというのもちょい無理あるわね。こういうのに特に関心のある知識人なら良い悪いの判断もつくんだろうけど、僕みたいなのに「判定しろ」と言われても分からんわ。。。どの裁判官がどんな判決書いてるのかも知らないんだから仕方がないわね。。。で、肝心の議員選挙は、投票用紙に記入するまでどうするか決まってなくて、「維新」にしようかとも思ったんだけど、ふと石原慎太郎氏の顔が頭に浮かんで、「ちょっと違うかな...」と思い、維新は選択肢から外すことにした。最終的に誰に、そしてどこに僕の1票を入れたかは個人情報になるのでヒ・ミ・ツなのだが、全体的に見れば、僕がどこに入れようが自民が圧勝することになるのだろう。自民は自民で自民なりの問題を抱えているのだろうけど、人間というのは今ここに無いものを理想化し、それに希望を託すものなのだと思う。まずは円安かな。

2012年12月15日土曜日

え、それもお金儲けだよ

今日の午後は4年生の「代替医学」の一環で白川台整骨院にお邪魔した。僕、実は人付き合い悪いようで、いろいろと人脈持ってんだぁ♪...で、神戸のことを良く知らない人のために白川台がどういうところかと説明しておくと、住宅街だね。須磨区の名谷というところから北にちょっと行っ

2012年12月14日金曜日

50 vs 150

昨夜のブログでは、たとえばの話として、年間に50コマしか授業しない人と150コマする人の労働時間の違いを算出し、両者が同じ給与を受け取るとすると時給格差は3倍になることを指摘した。つまり、50コマの人が3,000円を得るのに1時間仕事をすれば良いと仮定すると、150コマの人はそ

2012年12月13日木曜日

仕事の分担って、どうされてます?

先日ある会議があって、うちの部署における仕事の分担表が配布された。今直ぐの分担ではなくって、近い将来の分担なんだけど。。。具体的には誰がどの科目を何コマ教えるかという、町内会の掃除当番をどうするかといったタウンミーティングみたいなものなんだけどさ。僕が赴任

2012年12月12日水曜日

謝絶された

今日の午後、ネットからうちの大学の図書館にアクセスして、本を一冊、KPCの図書館からKACの図書館に届けてもらう依頼をした。KPCというのはポートアイランドキャンパスの略で、KACは有瀬キャンパスの略である。この他にKNCなんてのもあります。これは法科大学院がある長田

2012年12月11日火曜日

めっちゃ寒いね

ここ数日寒いね。といっても最低気温は2℃とかだから、まあ、大したことはないんですけどね。バファローやマンハッタンやボストンはもっと寒かった。氷点下は当たり前。一番寒い時期で−10〜−20℃やったね。でもね、建物の中は日本より遥かに温いんよ。僕は賃貸のアパートメント

2012年12月10日月曜日

OSCEに向けて

OSCEって知ってます? ま、詳しくは以前に書いたこちらのブログを参照いただくとして、このOSCEに向けたプラクティス・セッションを今日の午後、行いました。3年生の臨床理学療法学演習というクラス。ゲストに1期生のS先生をお迎えして、ブルンストローム、感覚、反射の評価技

2012年12月9日日曜日

いつの間にかに300本

気がついたら300本を超えていた。このブログ。今夜のこの記事が302本目です。去年のクリスマスから書き始めたんだけど、もうすぐ1年だね。約12ヶ月で300ということは、月約25本のペースです。世の中には毎日書いてる人もいるけど、僕にはこのくらいが適当かな。前もって計画して

2012年12月8日土曜日

選べない

選挙、選挙ってやかましいですよね。うちにはテレビがないので、討論番組を見ながらダラダラ過ごすってことはないのだが、街中を車で走ると宣伝カーにはちょくちょく出くわす。僕が住む選挙区では民主、自民、共産、維新の4党から候補者が出ていて、この中から誰か一人を選ばなけ

2012年12月7日金曜日

しまったっ

今日は代替医学の期末試験をしたんだけど、試験の前に授業の一貫として来週予定している治療院見学の案内を学生にした。それで、見学希望者が何人いるかと、手を挙げてもらったんだけど、誰も手を挙げる人はいなかった。0人。これって、何でだろ? ま、出席も取らないし、授業と

2012年12月6日木曜日

ゴールドな世界

3年ぶりの免許更新です。運転免許です。理学療法士免許は一度も更新したことはありません。ありゃ、終身免許だからね。今回、僕のステージはブルーからゴールドへ。運転免許は高校を卒業した18歳の春に取ったんだけど、その後、アメリカに渡り、有効期限が過ぎてしまって、5年前に

2012年12月5日水曜日

ロールキャベツを食べながら

大阪高裁で第1回の口頭弁論があった。少し早めに着いたので、「大阪弁護士会館」という裁判所の東隣にある14階建ての立派な建物でランチした。建て主は大阪弁護士会らしい。弁護士さんたちってお金持ってんだね。ちゃんと調べたわけじゃないんだけど、1階には市民のための法律相談

2012年12月3日月曜日

ブログサマリー 2012.11

2012年11月(記事数:25)

散髪から始まった11月。このブログを書く利点の一つは、自分がいつ髪を切ったのかを記録しておけるところである。気がつけば今日でひと月経ってるじゃないか。またそろそろ行かんとね。ところで、皆さんも「やっかいな仕事」が自分のところに回って来ることってないですか? あり

2012年12月2日日曜日

11月のツイート

11月は4週に渡り計12本配信しました。【脳とリハビリ Tweet】。
【EXpress】は18日の日曜に第16号を配信しました。

2012年12月1日土曜日

フィガロの結婚と居酒屋講義

今日は寒かったね。ランチにお寿司食べに行って、お正月のおせち料理を注文しました。毎年このお寿司屋さんで注文してるのですが、大晦日の夕方にこれをピックアップして翌日元旦を迎えるのが僕たち家族のルーティーンになってます。で、話は全く変わるのですが、今日はこの後、

2012年11月30日金曜日

今日の午後は「代替医学」の3回目。5年前になんかオモロい選択科目作れないかと思案してて、たまたま思いついた科目だったのだが、その後「やってみよや」ということでカリキュラムに組み込み、それからどうなることかと思いつつ仕立て上げていった科目ではあるのだが、やっぱり

2012年11月29日木曜日

語学教育って求められてんの?

うちの学部の「自己点検小委員会」という委員会の座長をしてて、今日は少しこの筋(スジ)の仕事をしていた。大学を評価する内部機関だか外部機関だかがあって、その人たちが評価した内容に対して返答していくという仕事です。こういうのもハラスメントだとか、GPAだとか、秋入

2012年11月28日水曜日

控訴答弁書

今朝、控訴答弁書を大阪高裁に郵送した。例の本人訴訟の裁判ですよ。控訴審では裁判の当事者を「原告」「被告」とは言わずに、「控訴人」「被控訴人」って言うんです。僕は1審では原告だったんだけど、2審では控訴人でもあり被控訴人でもあります。お互いに控訴してますんでね。

2012年11月27日火曜日

約束するよ・近いうちに・信じて

今日、asahi.com で自民党の安倍総裁の記事を一つ見つけたのだが、結構良いこと言ってましたね。民主党が政権を取った過去3年間に恥ずかしくて使えなくなった言葉が三つあるとか。それは、

2012年11月26日月曜日

人はなぜ身体に悪いことをするのか?

昨日の神戸マラソンでは体調不良のため後半リタイアとなってしまいましたが、言うまでもなく、マラソンって、身体に悪いですよね。ウォーキングやジョギングならまだしも、「マラソン」となると身体を痛めるリスクは相当高いです。僕の昨日のケースでは、走る前から全身的な

2012年11月25日日曜日

20 km までは良かったんだけど...。

今日の神戸マラソンに関するブログですが、生理的に不快な思いをするかもしれない記述が出てきますので、今そういうものを読みたくないという方は、また機会を改めてお願いします♡

**

2012年11月23日金曜日

マラソン神戸ロジスティクス

今日の午後、受付を済ませた。ポートアイランド国際展示場。当日は9時スタートで、2万人以上の人が朝からどっと集まるので、受付は前日、前々日しかやらないそうです。市外から参加する人たちにとっては大きな負担だろうね。。。マラソン大会ではスタートラインに着くのって本当

2012年11月22日木曜日

おっちゃんの怒り

今日のランチは以前このブログでもちらっと紹介した焼肉屋さんで済ませた。昼の1時を過ぎていたけど、結構混んでいて、僕が入店した後もすぐに隣の席に夫婦らしき年配の一組がやってきた。二人とも60代の中頃かな?男性の方は野球帽をかぶって、勤め人ではない様子。リタイアし

2012年11月21日水曜日

第3のステージ

昨夜は「知識」をテーマに、「知ること」と「使えること」とは次元が違うんだという話をこのブログでしたのだけれど、今夜はそのフォローアップとして、知識の階層性についてまとめておこうと思う。僕の中では昨日の午後芽生えたテーマなので、まだ熟したものではないのだが、放

2012年11月20日火曜日

知ってるだけじゃダメなんだよね

今日は3限に「脳神経科学Ⅱ」というクラスがあった。2年生のクラス。いつもは授業の初めに 15分ほどの Quiz (小テスト)をやるのだが、今日は珍しくこれがなかった。で、授業を始めるにあたり、どう学生に緊張感を持ってもらうかが一つのテーマだったんだけど、考えた末に、と言う

2012年11月17日土曜日

まい年行けや

午後からイケアに年に一度の買い物へ。ポートアイランド店。来週走るコースの下見を兼ね、行きは垂水から海岸沿いに、地道に地道を走る。もちろん今日は車でね。今日みたいに天気悪かったらヤだな。僕は青い海を見ながら走りたいんだよ。神戸なんだからさ。須磨の陸橋と最後のバ

2012年11月16日金曜日

晩餐会

今日の午後は2回目の「代替医学」で、先週に引き続き横田先生をお迎えした。漢方と薬膳、そして今密かに注目されているダイエット法である糖質制限食についてお話を伺った。糖質制限食については、いわゆるサイエンティフィックなデータも蓄積されていて、西洋医学における「食事

2012年11月15日木曜日

知財高裁

フェイスブックの方でも何枚か写真を掲載したけど、昨日、一昨日は東京で過ごしました。国際的な特許を巡る訴訟で、赤坂の某特許事務所の方々とのお仕事でした。争われているのは僕のメンターである Dick の発明で、被告は日本の特許庁です。アメリカの法律事務所が元請けとなって

2012年11月13日火曜日

赤坂です。

皆さん、こんばんわ。午後神戸を発って今、赤坂です。新幹線に乗るときにはもうヘロヘロだったけど、なんとか自分自身をマインドコントロールして、こうやって今、ホテルでブログを書くところまで辿り着きました。今さっき、日本の代理人の方二人と会食を済ませたところです。明

2012年11月12日月曜日

ちょいシニカルだけど...赤坂へ。

今日の午後は3年生の「臨床理学療法学演習」で症例レポートを返したのだけれど、全体的に見て、出来栄えは今イチだった。こういうのも相対評価なので、みんなの出来が良くないとみんな合格になってしまうわけですが、臨床の現場で実習生を待ち受けている実習指導者の方々はそん

2012年11月11日日曜日

入試カントク

普段は日曜日はお休みなんだけど、今日は勤め先の大学で入試があり、出勤しました。試験監督です。公募制推薦入試。90分の一コマで終わるので、受験生も試験監督も比較的楽な入試です。我が理学療法学専攻の試験科目は英語が必須で、あとは国語と数学のうちどちらかを選択して解

2012年11月10日土曜日

音楽の翼

今朝は小学1年生の息子の音楽会があった。この前運動会があったばかりなのに。小学生も忙しいね。各学年ごとに約15分、合唱と合奏をします。3年生→1年生→5年生→4年生→2年生→6年生へと続くプログラムでしたが、年次毎に音楽のレベルが上がっていく様子がよく分かった。6年生は

2012年11月9日金曜日

自分の道

今日の午後は4年生の「代替医学」に内科医の横田直美先生をお招きした。阪急塚口駅近くにある「よこたクリニック」の院長先生です。東京の医大でバリバリの西洋医学を修められたのですが、臨床に出ていろんな医療の考え方に出会われ、まだ大学病院の医師たちが漢方になんて全く

2012年11月8日木曜日

インヴォイス

さっきからインヴォイス(invoice)なるものを作成しているのだが、普段こういうのを扱わないので書式を作るところから始めている。辞書には「送り状」という訳語があるが、明細書や請求書の役目も果たすらしい。送り先はアメリカ合衆国。これまでそれがどういうものなのかほとん

2012年11月7日水曜日

どっちが勝つのか

アメリカの大統領選。もうすぐ結果が出るみたい。日本にいたら投開票日に向けての高揚感は全くないけど、現地の人たちは盛り上がっているんでしょうね。でも4年前にオバマさんが出てきた時の熱狂と比べると、ちょっと冷めてるかもね。もう「黒人大統領」ということは争点にはなら

2012年11月5日月曜日

今度はスゴ腕か?

例の訴訟における控訴理由書を大阪高裁に提出した。あの本人訴訟でやってるやつ。今日が提出の〆切日だったので、「会場」の下見も兼ねて持参した。北浜にあるんだね。車で1時間くらい。お隣には天満警察署や大阪弁護士会館があり、川の向かいには中之島公会堂とか市役所とか日銀

2012年11月4日日曜日

権威づけされてる無意味な◯◯

昨夜は知らぬ間にやっかいな仕事が入っていることに気づき、その時の想いをブログにしてみたわけだが、書きながら偶然にもこんなフレーズが思い浮かんだ。

2012年11月3日土曜日

やっかいな仕事が...

皆さんも思うときがないですか? 「やっかいな仕事やなぁ」って。こういう仕事の本質を分析していくと、大抵の場合、

2012年11月2日金曜日

やっと切れた

なかなか行けなかったんですよねえ。散髪屋。先週2回、帰国してからずっとお世話になっている床屋には足を踏み入れてはいたんですが、いつも待ち合いに人が並んでいたんですよ。ここの店、「理容サービス」って店です。ほとんど混まない散髪屋さんだったんですが、最近、割引券

2012年11月1日木曜日

ブログサマリー 2012.10

2012年10月(記事数:25)

10月はホンマ忙しかったわ。コンサルの仕事が入ったり、マラソン走ったり、定期健診あったり、演習のコマ多かったり、ライブ行ったり、ヨガしたり、控訴の準備もして、三木まで営業で、あっという間に6時やし、リハ・リハ行って、メルマガもようさん書いたんや。

2012年10月31日水曜日

レポートがんばってぇ

うちの多くの3年生は今レポートをせっせと書いているはずなのだが、はて、実際のところはどうなのだろうか。11月2日〆切。僕が担当する臨床理学療法学演習という科目の症例レポートである。

2012年10月30日火曜日

10月のツイート

10月も4週に渡り計20本配信しました。【脳とリハビリ Tweet】。
【EXpress】も毎週日曜、第12号〜第15号まで配信しました。

新規登録をご希望の方は、こちらから登録願います♡
Facebookもやってます! http://facebook.com/cbr.jp ヨロシクね☆ 

2012年10月28日日曜日

「理想的な生活」って、いつ来んの?

今夜もまた唐突な話なのだが、「理想的な生活」って、いつやって来るんでしょうね。僕自身のことを言えば、「もっと良い暮らししてえなぁ」という思いで子供の頃からこれまで生きてきたように思うのだが、これって、裏返せば現状に不満なところがあるってことで、不満を感じるっ

2012年10月26日金曜日

リハ・リハ

今日の午後は「健康教育論」の授業の一貫として、株式会社セラピットさんが運営する「リーバルスタジオ リハ・リハ」にお邪魔した。4年生30名ほどを2班に分け、現場で大浦社長のお話を中心に「病院でのリハビリの後に続くリハビリテーション」の考え方についてみんなで議論した。

2012年10月25日木曜日

あっと言う間に今6時

今日は朝から根を詰めて仕事をしている。起床時の計画では、15時から始まる学生とのミーティングの前に、朝食後にチョコっと仕事し、その後サラッとランニングして、その後パパッとランチを取った後に、またチョコっと仕事をする、ことになっていたのだが、気がつけば朝食後の仕

2012年10月24日水曜日

今日は三木まで営業に...

今日は兵庫県立三木東高等学校にお邪魔した。家から車で30分足らずですかね。この前の加古川西高校、神戸高塚高校(ここはブログで書いてないかも...)と同じく高校生相手に理学療法の話をするんです。建前は大学の宣伝ではなくって、理学療法士・作業療法士という仕事についてお

2012年10月23日火曜日

控訴審に向けて

今夜は「控訴理由書」なるものを書いている。8月31日の一審判決の後、9月の半ばに地裁に控訴状を提出したのだが、その後50日以内に控訴の理由を高裁に提出しなければならないことになっている。控訴状も理由書も宛名は大阪高裁なのだが、前者は地裁(一審裁判所)が窓口となるん

2012年10月20日土曜日

太陽礼拝

今日の午後はバレリーナの山本麻衣子先生を大学にお招きした。と言ってもバレエをしたわけではなく、ヨガのレッスンをお願いした。別に僕的にはバレエでも全然良いんだけど、いきなり学生に高度なことさせるとケガするかもしれないし、まずは身体と心をほぐさないとね。レッスン

2012年10月19日金曜日

お座敷ジャズ

午後の演習を済ませ、ゲストに来てもらったK君とオフィスで「収録」を済ませた後、知人が出演するジャズライブへ。お座敷のライブハウスだった。こういう設定は初めてだね。ちゃぶ台を前に座布団に座って聞く Route 66、Amazing Grace、All of You などのアメリカン・スタンダー

2012年10月18日木曜日

ゲスト・スーパーバイザー

明日はうちの大学の実習施設のスーバーバイザー(SV)を演習にお招きする。実は前回の演習も別のSVにお越し頂き、いろいろ指導してもらったわけだが、学生からはなかなかの評判で、良い企画だと思っている。昨年も同じアイデアでこの演習にSVをお招きしたのだが、今年はうちの卒

2012年10月17日水曜日

ちょっと気になってんだけど...

唐突ですが、ちょっと気になってるんですよね。ヤンキースのイチロー選手。僕の家にはテレビがないので試合の中継を観たりすることはないのだが、新聞(といってもネットの記事ですが)で見る限り、移籍後ご活躍されておられるようですね。ま、マリナーズにいた時も平凡以上の成

2012年10月16日火曜日

多忙な時の身の処し方

急に忙しくなった。忙しさを分析すると、ただ期日のある仕事が重なっているだけなのだが。上手に計画を立てていれば忙しさなんて回避できると豪語する人もいるだろうが、人間にはいろんなことを楽しみたいといった「欲」があり、また自分一人で生きているわけではないので人との

2012年10月14日日曜日

すべての心あるセラピストへ

ちょっと前から日々のメルマガの最後に決まった一文を入れるようになったんですね。

「このメルマガをすべての心あるセラピストへ」

2012年10月13日土曜日

ずいぶんと秋

今朝は6時に起きて外を走った。結構寒い。半袖・短パンだとちょっとつらいね。ついこの前まで早朝か夕暮れ時でなければ日差しが強くて仕方なかったのに。。。先日の体育の日にハーフを走って以来のランニング。軽く流して一汗かいた。お昼は垂水でランチし、新規イタリアンを開

2012年10月12日金曜日

結構、好きかも...

昨日、今日と早起きして例のコンサルの仕事をしていたのだが、他の人の仕事の現状を把握し、問題解決のための提案をするのって、結構好きかも、って感じです。僕の仕事は特許を巡る訴訟において、東京とニューヨークの特許・法律事務所の間に入り、彼らの主張の科学的論拠を確た

2012年10月11日木曜日

エラい違い

今日は年に一度の健康診断があり、健診時間の終わるお昼12時半ぎりぎりに大学医務室に飛び込んだ。午前中は急ぎの仕事を脇目もふらずにしていたので、ちょっと朦朧(もうろう)とした感じ。長い時間、水分を取るのを忘れていて、キャンパスを横切りながらお茶を飲む。500 ml の

2012年10月9日火曜日

ノーベル賞の季節やね

医学生理学賞が出ましたね。体細胞核のリセット技術に。僕が初めて卵細胞への核移植によるクローン動物の話を聞いた時には「へえー、そんなん出来るんや...」と思ったものですが、これはまだノーベル賞を取ってなかったんですね。山中伸弥氏の「iPS細胞」は胚に触れることなく体細

2012年10月7日日曜日

まずは、ハーフや。

今日はこれから鳥取に向かいます。山陰。日本海。砂丘。息子からしきりに「らくだは居るのか」という質問を受けているんですが、今調べたら居るみたい。乗ることもできるみたい。ま、僕は乗らないですけどね。だって振り落とされたら明日レースに出れなくなるかも知れんじゃな

2012年10月6日土曜日

学びのポートフォリオ

明日(7日)配信の【EXpress】の原稿を書いていて「ポートフォリオ」という言葉に出くわした。このメルマガの読み方をガイドする中でふと出てきた言葉なのだが、何かを勉強していく場合、短期的な視点と長期的な視点が必要なんじゃないかと思うんですよね。学ぶ範囲を狭く絞っ

2012年10月5日金曜日

伝説を作った男

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズが亡くなって今日でちょうど一年になる。もちろんそんなことカレンダーにマークしていたわけではないのだが、さっき Safari を立ち上げたら、同社のサイトに彼を追悼する動画が用意されていた。

2012年10月4日木曜日

「地域PT学」って、何?

この前、学生数名と雑談していたのだけど、ひょんなことから「地域理学療法(地域PT)学って何や?」という話になった。正確には学生が僕にこんな質問をした。

2012年10月3日水曜日

サイエンティフィック・コンサルティング

先日、アメリカの企業とコンサルタント契約が成立して、コンサルタントとしてコンサルティングをすることになった。サイエンティフィック・コンサルティング(Scientific Consulting)。なんかカッケーな。「コンサルタント」という響き。でも僕が大学で学生相手に毎日やっているこ

2012年10月2日火曜日

「それっぽく」するために...

昨日のブログは表題が「サマリー」だったので、「ああ、まとめか....読む必要ないわ...」と思って読んでいない人も沢山いるんじゃないかと思うけど、結果的には単なる「まとめ」には終わらなかったので、1〜2分時間があれば読んでみて下さい(ブログサマリー 2012.09)。人を判断す

2012年10月1日月曜日

ブログサマリー 2012.09

2012年9月(記事数:27)

9月は短かったような長かったような。時間っていつもこんな風に過ぎ去って行くんですよね。振り返ってみれば...。前にラジオで聞いたんだけど、代謝の活発な人は時間の経過を長く感じる一方で、不活発な人はそれを短く感じるらしい。代謝の活発な人ってどんな人? そう、若い人。確

2012年9月30日日曜日

9月のツイート

9月も4週に渡り計20本配信しました。【脳とリハビリ Tweet】。
【EXpress】も毎週日曜に配信しています。

新規登録をご希望の方は、こちらから登録願います♡

2012年9月29日土曜日

34年ぶりの運動会

今日は日本中の至る所で運動会があったんでしょうね。うちの息子が通う小学校でもありました。小学校の運動会なんて振り返ってみれば34年ぶりに見たね。前回は僕が小学6年生の時。そう、自分がリレーとか参加した最後の年だよ。今でもよく覚えている。大会のメインイベントと

2012年9月28日金曜日

脳とリハビリ研究所、設立しますた。

表題のとおり、先日研究所を設立しました。「脳とリハビリ研究所」です。所在地は・・・どこになるんでしょうね。一応、神戸学院大学坂本研究室にしていますが、実質的には「僕の頭の中」です^^。従って、僕が移動すると研究所も移動します。たとえば、僕がスタバでコーヒーを

2012年9月27日木曜日

やり抜こうぜ、ベイビー★

今日の午後はうちのラボの学生とのミーティングがあったんだけど、全体で取り組むプロジェクトはちょっと具体的になったかな。プロジェクトが漠然とデカいとみんな何から手をつけて良いのか分からなくなるわけだが、このような場合であっても落ち着いて考えれば必ず打つ手はある

2012年9月26日水曜日

リハビリの文脈で読む。コレ、重要ね

今日のメルマガに書いた一節。「リハビリの文脈で読む。コレ、重要ね」。毎号「今日の一言」ということで、そのメルマガを書きながら思いついたことを短い一文に表している。今朝は一見リハビリとは関係なさそうな論文の話をしたのだが、実は関係大有りで、「リハビリの文脈」で

2012年9月25日火曜日

良きエンドユーザーとなるために

10月にレースがあるので暇を見つけては走るようにしてるんですよね。ハーフなんですけど。。今朝は6時に起きて、朝飯前に走りました。朝走ると気持ち良いですよ。なんか早朝に走っているだけで、自分がとても善良な人間になったような気分になれます^^。で、走っている時って、結構いろんなこと思いついたりするんですよね。

2012年9月23日日曜日

学院の絆

今日は日曜で、普段は僕にとってはお休みの日なんですが、神戸学院の附属高校生に対する学部説明会なるものがあり、午後から出勤しました。毎年恒例の行事で2年生とその保護者を対象に「理学療法というのは・・・」みたいな話をします。今年はこの附属校を卒業したうちの3年生4

2012年9月22日土曜日

さよなら僕の夏

レイ・ブラッドベリの作品。先日お亡くなりになりましたね。2006年作。着想から完成まで55年かかったという小説ですが、なかなか難しい作品です。hard to understand。少年と老人のお話で、一見小・中学生向けのファンタジーのようでもあるのですが、7月に一度読み終えた時には、

2012年9月21日金曜日

レポートが大事、ってわけじゃないんだけど

今日から僕が担当する授業も始まった。その一つに「臨床理学療法学演習」という科目がある。ケーススタディーを主体に進められていく科目で、教員が用意した架空の症例に対し学生が理学療法計画を立てていく。学生の習熟度を評価する上で、彼らが書く「症例レポート」には結構な

2012年9月20日木曜日

終わって始まったよ

昨日夏休みが終わり、今日から後期が始まった。大学の暦をご存じない、またはもう忘れてしまったという方のために補足すると、大学では通常「前期」と「後期」があります。アメリカではこの2学期制における学期のことを「セメスター」と呼び、9月から始まる学期を「秋学期(fall

2012年9月19日水曜日

全面対決

例の訴訟の控訴を先週の金曜(14日)に済ませた。「控訴」というのは簡裁や地裁で出た一審判決に不服のある当事者が上級審に異議申立てをすることを言う。一審判決後2週間以内に「控訴状」なるものを一審裁判所に提出しなければならない。僕の場合は一審が地裁だったので、二審

2012年9月18日火曜日

焼肉屋コミュニケーションズ

今日のランチはとある焼肉屋さんへ。最近よく行く店で、お値段の割には味もサービスも良い。大学近辺の焼肉屋の中ではコストパフォーマンスを考えると僕的ランキング1位である。赤身の和牛定食が僕のお気に入り。でも今日は、1)「辛口の味付けは結構です」と言ったのに辛口が出

2012年9月16日日曜日

なかなか良いサービスだと思うよ

今日の【EXpress】でも書いたんだけど、勉強したい!とか、自己啓発したい!って人には大事なことなのでここでも書いちゃおうと思います。自分で言うのもなんですが、今メルマガとして配信している【脳 × リハ Tweet】【脳 × リハ EXpress】って、なかなか良いサービスだと思

2012年9月15日土曜日

連休ですね。

今日、明日、明後日と連休だという人も多いんじゃないでしょうか。でも仕事するって人も結構いるはずです。休むにしても働くにしても、やるからには濃いィ楽しい時間過ごしたいですよね。僕もいろいろとやりたいことあるんですよ。仕事に遊びに休みにどこかに。時間もっと欲し

2012年9月14日金曜日

やればやるほど...

昨夜は「時給」の話をしたんだけど、僕みたいなサラリーマンは仕事の量や質に関わらず月々頂ける給料は決まっているので、はっきり言って「量」に関する限りは少ない方がお得なんですよね。頑張って仕事をたくさんこなしたところで(長時間働いたところで)、特に誰かから評価さ

2012年9月13日木曜日

自分の時給、知ってます?

ある筋から時給を教えてくれと言われている。皆さん、自分の時給って知ってます?学生だと日常的にアルバイトしてるから、さっと「800円」とか「1000円」とか言えるかもしれないけど、こういうのはまあ世間の相場に過ぎんわね。本当はその人の仕事は1200円以上の価値を雇い主にも

2012年9月12日水曜日

今日は書くことねえな...

ブログというのは前々から綿密に計画して書くものではない。もしそうやって書いていると言う人がいるならその人の書き方は邪道である。ブログを書き繋いで行けるかどうかはまさにその日の思いつき(ネタ)がその人の中に自然にやって来るかどうかで決まるべきものなのだ。今日も

2012年9月11日火曜日

911

2001年にニューヨークなどで起こった同時多発テロから今日でちょうど11年になる。あの時はボストンに住んでいたから、まあ「よその国のお話」ではなかったんですよね。書き出すといろいろあるのだけど、今夜は時間がないのでやめときます。で、話は変わるんですが、さっきその

2012年9月10日月曜日

ローリスク・ローリターンな生き方(続き)

昨夜からの続きでローリスク・ローリターン(長いのでLR2とします)のお話をもう少し。これって、資産運用の世界から出てきた言葉なんですかね。値動きの小さいものに乗っかれば、安定してるけどそれほど増えない。でも動きの大きいものだと、減ったときは大きいけど、増えるとき

2012年9月9日日曜日

ローリスク・ローリターンな生き方

うちの4年生は臨床実習が終わって今就職活動をしている。銀行やらメーカーやら商社やらといったいわゆる一般企業に対する就活ではないので、始動も4年の今頃からなんですよね。「見学」と称してせっせと病院巡りをする学生もいますが、たった一カ所に訪問して双方合意の上、即決し

2012年9月8日土曜日

生チューで全ては決まる

昨日、城崎で食事した料理屋さんの話をこのブログに掲載したが、一つ書くべきことを書き漏らしてしまった。それは「生中」の話である。昨夜はまだその気づきが明確に言語化されていなかったのだが、今日の午後ジムで筋トレしてたら、にわかに言葉が降りてきた。それは、夜の店

2012年9月7日金曜日

ペンギンサウナと蟹ビール

昨日、今日と城崎に行ってきた。暑い二日やったね。夕方から町の中を湯めぐりして、その後予約していた料理屋さんで食事した。「かど屋」さん。さりげなく最初に出てきたキャビアと白子の小鉢、からっと揚がった天ぷら、とれたての鮎の塩焼き、旨いところだけを薄切りした但馬牛

2012年9月5日水曜日

判決が出た!

ということで、2年余にわたる一審に決着がついた。このブログでもお伝えした通り、裁判所での言い渡し自体は8月31日だったのだが、その日は僕は淡路島にいたので、後日、判決文が送達されるのを待っていた。今日やっと開封することが出来て、取りあえず主文だけ確認した。

2012年9月4日火曜日

ムーブメント・アート

今日は大学でいっぱい仕事した。そろそろ後期の授業の準備始めないとね。新しい科目を二つ受け持つことになっている。「代替医学」と「健康教育論」。健康教育論ではヨガレッスンの実際を学ぶ授業を二コマ計画しているのだが、講師をお願いしている山本先生と打合せした。「運動

2012年9月3日月曜日

Are you enlightened?

時どき考えるんですよね。enlightment について。といっても10秒かそこらなんだけど。日本語に訳すと「啓発」かな。ほら、「自己啓発」とか言う言葉あるじゃないですか。self-enlightment。この手のセミナーって昔からありますよね。「セルフイメージを高めよう」「まずは行動してみ

2012年9月2日日曜日

ブログサマリー 2012.08

2012年8月(記事数:26)

8月の振り返り。やっぱ8月はテストで始まった気がするね。期末試験。試験って教員にとっても面倒なんだけど、やる意味はあると思っている。試験がないと、やっぱ学生は勉強しないんじゃないかな。そりゃ学問の面白さを理解すれば試験がなくても人は自発的に学び、成長し

2012年9月1日土曜日

8月のツイート

8月のスイートではありません。8月のツイートです。

先月は4週に渡り計20本配信しました。あっ、ちなみにこれ、メルマガの話です。

2012年8月31日金曜日

27時間の短い間ではあったけど

淡路島への小旅行良かったです。車で1時間かかるかかからないかで行ける距離だけど、海を渡るというのが良いですね。何かそれだけで遠くに来たような気分になる。天気予報は悪かったんだけど、結果的にはじりじりかんかんの晴天になった。古い宿ではあったが、たえず潮騒の聞こえ

2012年8月30日木曜日

エクスプレスが新しくなります

今日はお昼まで仕事して、それから淡路島に行きます。息子の夏休みも今週で終わりだし、最後に小島に小旅行するのも悪くありません。ビーチのそばにある旅館なので、晴れていれば夕食前に海にも入りたいと思います。夜は星空が見えると良いですね。息子に銀河鉄道のお話したりし

2012年8月29日水曜日

坂本ラボ第2回リトリート(会場は城崎です。)

表題の通りなんだけど、リトリートします。9月6日・7日の2日間。「リトリート」って何かと言うと、retreat のことです。今、辞書で調べたら「撤退」「閑居」「静修」なんて訳語がある。でも今日の話の中では、「合宿」が一番近いと思う。日本では「ゼミ合宿」とか言いますよね。学

2012年8月28日火曜日

期日請書

判決の期日が決まりました。今日、Fax で「期日請書」なるものを地裁に送りました。8月31日。ま、実は7月の和解期日の後、すぐに判決日は決まったんだけど、先日、遅延なく判決の言い渡しをする目処がついたみたい。この日は裁判所に行くつもりはないので、判決文の送達を待つ予

2012年8月27日月曜日

しーん

今朝のメルマガ(脳 × リハ Tweet)にも少し書いたんだけど、先日の新潟でのトークが終わった瞬間、会場になんかこう、「しーん」とした空気が漂ったんですね。あれ、何だったんだろ? 基本的には理学療法士協会の幹部の方々を中心とした小さな集まりで、大学での理学療法教育の推

2012年8月26日日曜日

愚か者はすべてを信じる

今朝、ある所で目にした言葉。旧約聖書からの引用みたいで、この言葉の後には、「賢者は行いを慎む」とある。我々庶民の言葉に翻訳すれば、「バカは見さかいがなく、利口者は考える」といったところだろうか。「軸があるかないか」といった風に解釈することもできるね。「信・善・美」といった言葉もあるように、「信じる」という行為は善なる行為ではあるわけだが、何

2012年8月25日土曜日

ベルト忘れた

実はね、今日学会でトークしたんですが、神戸から大事なものを持って行くのを忘れたんです。そう、ベルトです。ズボンがズリ落ちないようにウエスト部で止めるやつ。出かけるときはポロシャツ短パンだったので、すっかり忘れていたんですね。新潟で買おうと思ってたんですが、意

2012年8月24日金曜日

チェックインはぶ

予定どおり新潟に着いて、今ホテル。空港で大西先生のお出迎えを受け、先ほどまで新潟医療福祉大学におりました。大西先生、頑張っておられますね。そして、お忙しい中を私のためにお時間割いて頂いて有難うございます。学部生も精力的に実験していて、スゴく活気がありました。

2012年8月23日木曜日

神戸マラソン当選しちゃった

昨日、Gmail を開くと、当選通知が来てるじゃないですか。神戸マラソン。一旦落選したんだけど、復活選で当選した。当選者のキャンセルが大量に出たんでしょうね。もう走る予定はしてなかったので、出るんなら今からの調整となる。大会は11月25日なので、あと3ヶ月。大丈夫かな (*_*;

2012年8月21日火曜日

あの世とこの世のインターフェイス

昨夜はフォーチュン・テラー(fortune teller)の話をしたが、僕を含めて人というのはこの手の話にとかく関心を持つものである。「一寸先は闇」と言うが、先が暗がりであるがこそ、人はその先に進んで行くための手がかりを求めるのである。ある人は科学の公式にそれを求め、またある

2012年8月20日月曜日

神さまの声

先週の休暇中に母と話をする機会があったのだけど、母の妹(つまり僕の叔母ですね)が数年ほど前から占い師をしているらしい。別に叔母はこれまで占い師になるための専門教育を受けたわけではないのだが、いつからか「神さまの声」が聞こえるようになったという。別に叔母は妄想

2012年8月19日日曜日

ソーシャルな日曜日

今日は午後から社会医療法人愛仁会さまのご招待で同法人さまの学会に出席させて頂きました。会場は阪急梅田駅に隣接する新阪急ホテルで、電車を降りた後も炎天下の中を歩くことなく、クールに受付を済ますことができました。どれもこれも良い発表だったのですが、中でもうちの

2012年8月18日土曜日

エントリーした

10月に鳥取で開催されるハーフマラソンに応募した。去年も参加した大会なのだが、とても走りやすいコースだった。神戸からだと会場まで2時間で行ける。あまり周知されていない大会のようで、参加者は少なく、また参加費も安い(¥2000)。日帰りでも行けるのだが、せっかくなので

2012年8月17日金曜日

どうにかこうにか

先ほどフェイスブック(/toshiznet)にPRポスターを掲載したが、来週、新潟で教育ネタの話をすることになっている。学会当日に配布する「プログラム」用に講演の抄録を書くよう先月末に頼まれていたのだが、今日が〆切だった。これはここだけの話にしておいて欲しいのだが、実はこ

2012年8月16日木曜日

ほんとうにみんなのさいわい

めっちゃカンカンな夏の一日。お盆は過ぎても日差し強いわ。今日は久々に百菜さんでランチした。行くたびに変化してるというか進化してるというか。オプティマイゼーション。エナジーミニマに向かっているように僕には見える。息子が科学館に行きたいと言うので、ポーアイのサイ

2012年8月15日水曜日

ええ休みやった

さっき旅先から帰ってきた。天気予報は雨マークがズラッと並んでいたけど、大事なところはぜんぶ晴れた。ビーチに川に温泉に、祭りに花火に食べ歩き。平凡だけど120%のリラックス。3日で30時間以上は寝たね。普段は会わない色んな人と普段はしない色んな話をした。世の中にはオモロい話がいっぱいあるものだ。取りあえず、今からジムに行こうと思う。

2012年8月10日金曜日

サマーバケーション

今日で試験期間も終わり、明日から大学は正式に夏休みです。でも明日・明後日とオープンキャンパスがあるので、一部の教職員は出勤なんですけどね。僕は幸い担当から外れています。世間では、今日から15日まで6連休^^、なんて会社員も結構いるんじゃないでしょうか。今日は阪神高

2012年8月9日木曜日

200本目

昨年のクリスマスから書き始めたこの Blogger ですが、今日のこの投稿でちょうど200本目となりました。大したこと書いてるわけじゃないんだけど、定期的に目を通してくれてる人たちもいて、今後も思いつくままにいろんなことを書き留めていくつもりです。人がブログを書く目的っ

2012年8月8日水曜日

まだ採点終わってにゃいからね

今夜はうちの2年生と3年生に向けてのブログになってしまうが、まだ期末試験の採点は終わっていません。そんなに早くできるわけないじゃないですか。みんなが一生懸命書いた答案なのに、ちょんちょんちょん、ってイイ加減に点数つけたらバチ当たりますよ。僕は特に時間がかかる方

2012年8月7日火曜日

新潟行きます。

この8月の末に新潟に行くことになってるんです。全国大学理学療法教育学会とかなんとかいう集まりで、1時間ほどお話するよう頼まれています。新潟医療福祉大学の大西先生からのご依頼で、これまた昨日の Dick と同様、無下にお断りすることは出来ませんでした。大西さんとはもう10年

2012年8月6日月曜日

一肌脱いで、トウキョウへ

先日 Dick からメールがあり、東京で一肌脱いで欲しいと言う。今、ヨーロッパで売り出そうとしているサプリの日本での特許申請の関連で、僕に専門家の立場からいろいろ証言して欲しいらしい。知的財産権を専門とする高等裁判所が東京にあって、担当のお役人にプレゼンしたり質問に答えたりするというのが任務のようだ。まだ具体的に何をすれば良いのかよく分かんないんだけど、何か面白そうだから引き受けることにした。Dick の頼みだしね。費用も出してくれるというし、無下に断ることはできません。予定日は11月なんだけど、これからいろいろ調査して任務を遂行したいと思う。サプリを日本の皆さまにお届けするために。

2012年8月5日日曜日

【脳 × リハ Tweet】

おはようございます。今は日曜の朝で、外は天気がイイっすね。蝉がギンギン鳴いてます。

先日このブログで紹介したメルマガ【脳とリハビリ】の新サービス。「事業名」が決まりました。

【脳 × リハ Tweet】

です。

平日にほぼ日刊でサクサクお届けすることをミッションにすると、基本はやはり「つぶやき」になるのかと。。。140字以内。30秒以内に読めるもの。

第1号はすでに配信セットしました。明日の朝8時にご登録頂いているメルアドに届きます。タイトルは「電気刺激とロボティクス」。

今週はこの【ツイート】 の立ち上げに集中しますので、【エクスプレス】 とオリジナルの連載はお休みします。

配信を希望される方で、ご登録が未だの方は、こちらより登録下さい。

【脳 × リハ Tweet】、どうぞお楽しみに。

坂本年将

2012年8月4日土曜日

勝ったぜ★

昨夜はイイ勝ちっぷりだった。オリックス。ロッテ相手に6対3。スケールズと後藤の連続センター返しで2点を先制した後、竹原のホームランで3対0。その後、これまた後藤の2ランとこれまたスケールズの3塁打でダメ押し加点。ロッテ戦はどっちが勝っても楽しいね。オリックスの応援は毎回、ま、しょぼいんだけど、ロッテのファンは最後までコンサートみたいにやりますからね。相手チームではあるけど、センターの岡田も良い選手です。昨日はバントとヒットで活躍しました。高校野球もイイけど、プロはもっとイイね。一つ一つのプレーが深いわ。真夏の熱い夜だったぜ。。。

2012年8月3日金曜日

ブログサマリー 2012.07

2012年7月(記事数:30)

7月の前半は梅雨がジメジメと長引き、鬱陶しい天気が続いたが、中盤以降はそれまでグダグダしていた日本列島が本物の夏に向かって歩き出すことを決意したかのような、ジリジリと焼き付ける暑い日々を迎えることになった。

振り返ってみれば、7月は30本もの記事を性懲りもなく投稿していた。一々まとめるのも面倒くさいのでお気に入りの記事だけ文末に掲げておくことにするが、ひと月も生きれば何がしかの進展があるものですね。

一日一日を見ると、人の生活なんて仏像みたいに固定してるんじゃないかと思うほどその歩みはノロいわけだが、山から滲み出る一滴の清水が次第に大きな川となって海へと繫がるように、ひと月経てば、きちんとひと月分、時間の流れに沿って自分の居場所は移動してるんですよね。

そう、僕たちはみんな例外なく、この7月にひと月分、歳を取ったのだ。

別に今更こんな当たり前のことをわざわざ書き留めておく必要はないのかもしれないけれど、たまには指差し点検しておくことも大事なことかなと思います。暑いですしね。

今夜はこれから息子をピックアップし、「ほっともっと」に向かいます。お弁当屋さんじゃないですよ。野球場です。オリックス対ロッテ戦。熱い夜になるとイイですね☆


□■------------------------------
 7月のおススメ記事
□■------------------------------

ゲストをお迎えします
ミーム
ちょっと加古川に行ってきました
やっぱ、大切なのはリスペクト
知る人・やる人・続く人
裁判官が和解をススメるワケ
やっぱり...
滝川第二 × 加古川北
8月から新サービスが加わります

2012年8月2日木曜日

研究批評

3年生の研究論の課題で「研究批評」というものがある。どういう課題かというと研究を批評するんです。←そのまんま^^。で、学生から、「書き方わかりません。。。」という質問というかコメントというか苦情というか、そういう声をたびたび頂いているのだが、昨日、何人かの学生にその時思い付いたたとえ話をした。そしてそれが案外好評だったので、それをみんなとシェアしたいと思う。

それはどういう話だったかというと、誰かに知り合いを紹介するように論文を紹介して下さいというものだった。人を紹介する時には、いろんなレベルの紹介の仕方があると思うが、命いっぱい紹介しなくてはならないような場合には、まずはその人がどんな人なのかを客観的な事実を挙げて描いていくことになるだろう。

たとえば、◯◯会社の課長をされてて、10年以上営業畑でのキャリアがあって、これまでに受注した億越えの大型案件は30件を超えるみたいな、名刺や履歴書のハイライトみたいなものですね。

そしてその次のステップとして、名刺や履歴書では伺い知れない、その人の実績の背後にある「成功の理由」や「成功の価値」について描いていくわけです。つまり、この人はコレコレこういうことを日々実践しているから、今の成功があるんだとか、これまでこの人が成し遂げてきたことは、社会にとってこれだけの価値があるんだよ、といったことを、その人のことや、その人の仕事に全く予備知識がない人にも自然に分かる形で描写するわけです。

場合によっては、美辞麗句、褒め言葉だけでは正確にその人のことを表現しきれないこともあるでしょう。誰からも受け入れられる「完璧な人間」なんていないと思います。その時にはその人の不足していることも書き記す必要が出てきます。「ボロクソに罵倒する」というのも一つのやり方かも知れないし、やんわりとそれとなく聞き手に伝わるように皮肉を言うという手もあるかもしれません。

でも無難なのは、「その人のこれからの課題」という形で、アナリティカル(理性的、分析的)に描くことではないかと思います。そして、今後、こうやっていけばさらに魅力的な、限りなく100%に近い人物になるだろうという建設的な提案も加えるのです。

こういうたとえ話は「アナロジー」と言って、物事の本質・原理を理解する一つのやり方なのですが、上の人物紹介の「人物」のところを「論文」に置き換えて、今回の課題に取り組んでみて下さい。本質・原理を理解したからと言って、すぐに上手に出来るようになるわけではありませんが、まずは何をしなければならないかを理解することは重要なことだと思います。

何かを評価しそれを人に伝えるという行為は、日常いろんな人がいろんな場面でしています。上に出てきた「営業・セールス」ということであれば、売ろうとしている物やサービスの価値を理解し、それを人に伝えるということになりますし、研究者であれば、論文を書く際に、自分の仕事の価値をよく理解した上で、その価値を読み手に解説・アピールしていくことが必要になります。皆さんが専門とする理学療法では、患者さんの状態を評価し、それを患者さんに伝え、どうすれば患者さんが今よりも良くなるのか提案していくわけですね。

単位を取るための義務というだけではなく、こんなことも考えながら、今回の課題に取り組んで頂ければと思います。

ちなみに僕が現在配信しているメールマガジン「脳とリハビリ」も、言ってみれば、「研究批評」なんですね。取り上げる論文に何が書いてあるのかをまとめた上で、僕なりの解釈を加えていく。単なる「紹介」「受売り」「横流し」に終わるのではなく、対象物に自分の言葉で色を加えていくわけです。

大袈裟に言えば、これまで誰も考えたことがなかったような新たな解釈の可能性を切り開いて行くことが、批評のあるべき姿と言えるかもしれません。

2012年8月1日水曜日

脳神経科学の質問、受付けます

現在、本学2年生に開講している「脳神経科学 Ⅰ」の期末試験が今週土曜日(8/4)に予定されています。これに向けてこのブログで質問を受付けます。質問したい人は下の「コメント欄」に投稿して下さい。今から金曜日(8/3)の午後8時まで受付けます☆

2012年7月31日火曜日

8月から新サービスが加わります

今年の5月から配信しているメールマガジン【脳とリハビリ】に新たなサービスが加わります。【Express】に続く第3弾のサービスです。

【Express】では週に1〜2本の論文解説を配信していますが、これよりもさらに速報性を備えたものになります。

「解説」という意味では、Express よりも簡素化されたものになりますが、平日はほぼ日刊(月〜金、1日1本)でお届けし、皆さんの論文ストック(= 情報の引き出し)がさらに充実したものとなるよう、お手伝いさせて頂きます。

サービスの開始は8月6日(月)を予定しています。

配信をご希望される場合は、こちらよりご登録願います。購読は無料で、いつでも自由に配信解除できます。

現在すでに【Express】を受信されている方は、自動的に登録が更新されます。従って、お手続の必要はありません。

ご登録が未だの方は、この機会に一度このメルマガをお試し下さい。

しばらく購読して必要がないと思われるなら、いつでも解除できますし、必要であれば、その後一切の手続なしに、脳とリハビリに関する情報・知識を日々着々と蓄えていくことができます。

This is absolutely risk-free! あなたが失うものは一切ありません。

今回始まる新しいサービスの名前を現在思案しているのですが、決まればまた6日までにこのブログでお知らせします。

皆さんのご参加お待ちしています。

メルマガで会いましょう!

坂本年将

2012年7月30日月曜日

A few tips...

今日の夕方、「研究論」の作問をほぼ終えた。まだ印刷してないので、これから修正が入ることはあるが、大幅に変わることはないだろう。質問の〆切は明日の夜8時なのだが、この直前に駆け込みでたくさん来るんだろうね。それとも来ないのかな。。。

今夜はファイナルに向けての幾つかの tips を3年生のみんなにプレゼントしようと思う。

「tips」とはレストランやホテルで支払うチップとは少し違う意味で、「小さな助言」くらいの意味なのだが、頑張っている人に対する「心づけ」という意味において、語源は同じです。遠慮なく受け取って下さい。

Tip 1:

授業で出てきた用語を全てリストアップし、自分の言葉で説明できるようにする。

Tip 2:

授業でカバーしたテーマ(たとえば分散分析)の一つ一つについて、基本的な考え方を理解する。「手順」をしっかり頭の中に叩き込む。

Tip 3:

上の2と基本的には同じだが、ノートを手がかりに、その意味するところを考えながら、頭の中で授業の内容を何度も再生する。

Tip 4:

試験では咄嗟(とっさ)の「ひらめき」が求められる問題が出るので、しっかりとスケジュール管理をし、試験前夜は必ず快眠する時間を確保する。

以上です。

難しいことではないっすよね。あとは実践するだけです。まずは自分に言い訳しないということを自分と約束し、試験当日に向けて意識を高めていって下さい。

2012年7月29日日曜日

尼崎連合軍

昨日からの流れで高校野球ネタをもう少し。実は昨日、試合が終わった後の閉会式で、二つの公立校が県大会の敢闘賞を受けたんです。こういう賞があるのを僕はまったく知らなかったのですが、大会を運営する全国高校野球連盟(だったと思う)の役職の方から直々に表彰状が授与されていた。一つは神戸の名門、長田高校。兵庫、神戸と並ぶ進学校ですね。そしてもう一つは尼崎双星高校。えっ、こんな学校あったん?

実は僕も今回初めて聞いた名前の学校だったんですが、調べてみると、なんと、我が母校、尼崎東高校のDNAを受け継いだ学校だったんです。もう一つの公立校、尼崎産業高校と昨年春に合併して開学したという。今夏の大会では「尼崎双星・尼崎産・尼崎東」名義で参加しました。確か新聞では「尼崎連合軍」と呼ばれていたように思う。たぶん今の3年生は「尼産」「東高」の最後の生徒として卒業するのでしょう。

大会では5回戦で昨年の優勝校、東洋大姫路を破り、堂々の準々決勝進出。163校ある中のベスト8ですから大したもんです。5回勝ったら甲子園に行ける県もたくさんあるわけですし。。。

僕が東高にいた頃は毎年、1、2回戦で敗退してました。その他のスポーツもあんまり大したことはなかったですね。長田高校みたいに勉強ができるわけでもなく、多くの生徒は僕も含めて、大した夢もなければ目的もなく、なんとなく、だらだらと、高校生活を送っていた記憶があります。僕自身は別段悪いところだとは思っていなかったし、高校なんてみんなこんなものなんだろうと思っていたわけですが、世間的に見れば、ロクでもない学校 だったのかもしれませんね。。。

少子化の影響を受けてか、尼崎産業高と合併して、その後どのような学校に変身したのか僕はよく知らないのですが、「双星」という校名は前身となる二つの学校を表すそうです。一見平凡な両親から星のように光り輝く子が生まれることがあるように、ひょっとすると、この学校、何かを授かっているのかもしれませんぜ。。。

昨日は本当に思いつきで30何年ぶりかに高校野球を観に行き、たまたま気まぐれで居残った閉会式だったのですが、偶然にも母校・後輩と触れる機会を得て、何か不思議な巡り合わせのようなものを感じました。

2012年7月28日土曜日

滝川第二 x 加古川北

今日の午後はほっともっと神戸で兵庫の決勝戦があった。ド暑い中、息子を連れてバックネット裏で観戦した。高校野球をライブで観るのは久しぶり。最後の記憶は、東洋大姫路が愛知の東邦と戦った夏の甲子園決勝戦。たぶん30年以上前だと思う。安井という選手だったと思うが、姫路4番のキャッチャーが9回だったか、延長10回だったかにライトにサヨナラホームランを打ったんだ。ちょうどライトスタンドで観戦していて、打球がこちらにやって来たのを覚えている。。。

あれから僕はご無沙汰だったけど、高校野球は綿々と続いていたんですね。今日の試合は滝川第二と加古川北。

僕としてはどちらが勝っても良かったんだけど、加古川北には昨年出張でお邪魔したこともあり、またいろいろと制約があるであろう公立校なのにどうしてこんなに強いのかという好奇心も手伝い、今日はどちらかと言うと加古北寄りで観戦した。

ピッチャーは加古川北が速球派の西嶋くん。滝川第二はスリークウォーターからクセ球を投げる佐藤くん。序盤は西嶋くんの直球とカーブが冴えて加古川ペース。2回と3回に本田・別井くんの長打で2点を先制する。しかし4回表に滝川の連打と西嶋くんの暴投が重なり一気に逆転。その後、試合の流れは滝川へ。あれよあれよという間に回は進み、終わってみれば、6対2。滝川第二の完勝と言える試合でした。

やっぱり最後は守備の差が出たのかな。滝川の内野手たちのキャッチボール見てたら加古川のそれとは全く違うんですよね。試合の合間にやる内野のボール回しがそのチームの実力を表すのかどうかは分からないけど、なんか今日はそれが僕の目にクッキリ焼き付いたんですね。「細部へのこだわり」と言うんでしょうか。佐藤くんの精神力も見事なものです。「根性」というより「メンタル」と言った方が良いかもしれない。淡々と丁寧に最後までやり抜く精神力。

加古川北は昨年に引き続き準優勝。今年もあと一歩のところで甲子園を逃してしまった。メンバーの皆さんはとても残念でしょうが、僕から見れば、甲子園に出るかどうかなんてホントに小さなことだと思います。もちろん今はそうは思えないかもしれないけど、30代や40代にもなれば、「ちょっと甲子園に出たこと」よりも、野球を通して学んだことをその後の人生においてどう活かしたかの方がはるかに重要であることを理解されると思います。

滝川第二の皆さん、甲子園がんばって下さい。加古川北の皆さん、「普通の野球部」でもやれば出来るという希望を与えてくれて、ありがとう。

2012年7月27日金曜日

研究論の質問、受付けます

うちの大学の3年生に開講している「理学療法研究論」の期末試験が来週水曜日(8/1)にある。これに向けて質問を受付けようと思う。質問したい人はこのブログもしくはフェイスブックの「コメント欄」に投稿して下さい。期間限定で、今から火曜日(7/31)の午後8時まで受付けます。質問の内容によってはお答え出来ないものもあるかもしれませんが、その際はご了承ください。

2012年7月26日木曜日

明日で終わりや

4月初旬に始まった「前期」も明日で最終日を迎える。明後日からは期末試験。なんと土曜日から。学生さんも数日の休みが欲しいよね。でもここで一息入れたら夏休みが先延ばしになるしね。それでなくても、もう8月なんだし。もうすぐ甲子園だよ。暑いよ。汗出るよ。今夜はアイスクリーム食べたぜ。。。明日の1限は「脳神経科学 Ⅰ」の第15講:学習と記憶。つい先ほど、これまで行った8回の小テストの集計を済ませた。明日のこの時間にお披露目する。

2012年7月25日水曜日

採点終わった

明日(木)の2限は「運動科学」の最後の講義。先月やった試験で採点が残っていた部分を今日仕上げ、2〜3分ほど前に集計を終えたところである。明日返します。採点作業の中で一番楽しいのは、すべての問題のグレーディングを終え、答案用紙の各ページ毎の得点(あの左下にある数字)を足し合わせていく時ですね。学生のみんなはたぶん想像できないと思うけど、記述式の答案の採点ってホントに大変なんです。ものすごく時間がかかるし、疲れます。根気が勝負です。まだこれからヒストグラムを描かなければならないのだけど、ここまでくれば、あとは単純作業です。ひとまず冷たい麦茶でも飲もうと思う。

2012年7月24日火曜日

やっぱり...

昨日のブログの続きで訴訟ネタをもう少し。行ってきました、裁判所。話し合いは当初1時間ほどかかる予定だったのですが、30分足らずで終わってしまいました。まずは僕と裁判官とのお話し合い。きちんとここに記載していくと、とても長くなるので、詳しいことは追々していきたいと

2012年7月23日月曜日

裁判官が和解をススメるワケ

明日(24日)は和解期日である。原告・被告・裁判官が法廷に集い、和解の可否について協議する。段取りとしては、まず裁判官から和解案が提示されるわけだが、この時、その提案の根拠となる「本件に対する釈明」が聞けるはずである。「釈明」というのは裁判官の「見立て」です。原告が裁判官とお話する時には被告は別室で待機し、被告がお話する時には原告がしばしお暇(いとま)する。これは僕の推測なのだが、裁判官はそれぞれに「判決になると不利ですよ」と忠告するのだと思う。「不利になるから、この辺りで手を打っておいた方が良いですよ」という論法です。でも、当事者双方が不利になるというのもおかしな話ですよね。今回のケースで言えば、被告が原告に幾ら支払うかを決めようとしているわけで、支払い額が増えるようだと原告有利で被告不利。減るようだと原告不利で被告有利となります。原告と被告はシーソーの両端に座っているわけで、両方が同時に沈む(不利になる)なんてことは、シーソーの棒が真ん中で折れでもしない限りないんですよね。。。

でも和解で必ず有利になる人はいるんです。そう、それは何を隠そう、裁判官殿です☆

だって、判決書く手間が省けるんですもん。いや、手間だけじゃないです。判決を世に送り出すリスクも無くなるんです。これは別に今回の裁判官がどうのこうのというのではなくって、裁判官みんなに言えることだと思います。特に後者のリスクについては、うっかり間の抜けな判決でも書こうものなら、判例として後世に残ってしまうわけで、方々から批判されたり、バカにされたり、場合によっては恨まれたりしますよね。また、これも僕の推測なのですが、裁判所もお役所なので、おそらく世間が注目するような画期的な判決を書くよりも、裁判官にとっては「ミスをしない」ということの方が、昇進したり、保身を図る上で重要なことなのかもしれません。だから必ずどの訴訟も判決前に裁判官から和解の提案がなされるんじゃないですかね。。。和解協議の場では「訴訟リスク」とか「判決リスク」とかいう言葉が飛び交いますが、ここには必ず「裁判官にとってのリスク」という意味も含まれるのだということを、考慮する必要があると思います。

さて、明日はどんな話になるんでしょうか。裁判官からの強い希望があるので、一応協議の席には着きますが、僕には今のところ和解する理由が見当たらないんですよね。ひょっとすると結果的に僕にとって本当に不利になるのかもしれませんが、判決リスク、取りたいと思っています☆


------------------------------------------------------
このテーマに関するこれまでの記事
------------------------------------------------------

弁論準備手続
続・弁論準備手続
今週末はヤマだな
手続的正義
和解期日
弁論再開
訴えの変更
5分で終わる弁論準備
判決もコピペなのね

2012年7月22日日曜日

脳科学者の身辺雑記(β)

今朝、サイバーエージェントが運営する「アメブロ」にブログを設置した。名付けて「脳科学者の身辺雑記(β)」。ブログの中身は、基本的にグーグルが運営するこの Blogger への投稿と同じものなのですが、時々「β」ならではの記事も掲載できればと思っています。国内の利用者(閲覧者)数ということで言えば、アメブロの方が圧倒的に多いようなのだが、ちゃらちゃらしたと言うか、チンチロチンチロチン、とした広告が鬱陶しいので僕自身は利用を控えていた。「繁華街」とか「ネオン街」ってあまり好きじゃないんですよね。でも、ひょっとするとアメブロの「非公式ブログ」からこの「公式ブログ」に辿り着いてくれる人もいるかと思い、気持ちを変えました。道頓堀の人混みでビラ配りして、神戸の本店にご来店頂くような、そんな感じですね。

2012年7月21日土曜日

知る人・やる人・続く人

この前、ある人から聞いた話なのだが、何かを勉強した人が10,000人いたとして、その勉強したことを実践できる人は100人しかいないという。そしてその実践を継続できる人となると、なんと1人になるとか。。。10,000人が100人になって、それが1人になるわけだから、1% x 1%で0.01%だよ。文字通り「万が一」。感覚的にもそんな感じがするな。「勉強」というところを「夢」と言い換えても良いかも知れない。将来に対して夢を抱く人が10,000人いたとして、その夢を本気で追いかける人はそのうち100人(残りの9,900人はただ夢を語るだけで終わる人たちである)。そして実際にその夢を実現し、その状態をキープできる人は1人だけ(残りの99人は何らかの理由で挫折する)。夢のデカさや実現することの難しさによってその割合は違ってくると思うけど、理解から実践へ、そして実践から継続へと至るプロセスを生き抜くことって、いかに簡単そうに見えることでも、実は簡単ではないんですよね。

2012年7月20日金曜日

あゆみ

表題の「あゆみ」というのは、よく行くスナックの「あゆみさん」のことではなくって通信簿のこと。今日は小学1年生の息子の終業式だった。この前入学式をやったばかりなのに、もうバケーション。早いねえ。うちの大学の学生はまだ勉強してるというのに。。。僕も40年ほど前に小園小学校という尼崎市にある小学校に入学したのだが、初めてもらった通信簿のことは今でもよく覚えている。成績の中身はもうすっかり忘れてしまったのだが、通信簿がなぜ「あゆみ」というのか、その繋がりが全く理解できなかった。今日、息子がもらってきた通信簿を見て、40年を経た今も、まだ通信簿のことを「あゆみ」と呼んでいることを知り、ちょっと感動^○^。何なんだろうね。この気持ち。大昔に机の引き出しに仕舞い込んで、もうすっかり忘れてた想い出の品がひょっこり出てきた時のような気持ちに近いね。。。

2012年7月18日水曜日

ぴょんこぴょんこぴょーん

けさ、今学期最後の「研究論」の講義が終わった。全15回やり切りました。僕がここに赴任した頃は13回でよかったのだが、2、3年前からどの科目も15回やらなければならなくなった。文部科学省だったかと思うが、とにかくお役所からの指導があったと理解している。ま、現場の人間のナマの感想を僭越ながら言わせてもらえば、講義を2回追加してやったところで、学生の学力が飛躍的に向上することはないと思いますがね。確かに今日終わった「研究論」もたくさんの内容を盛り込んでいて、15回でもやり残した感じは残るわけだけど、長い目でみれば、13回でも15回でも一緒じゃないの、というのが僕の立場です。13回の授業にして、残りの2回を3時間の期末試験で充当すれば良いじゃないですか。アメリカの大学はそうやってますよ。それでも学部の講義は日本と比較にならないほど充実してます。学費を払っている学生がどうしても15回やれと言うなら話は別ですが、上に書いたようにそういう学生の声の盛り上がりの中で15回になったようではないみたいだし。。。「上が言うから・・・」ということで、ひょっとしたら皆で闇雲にうさぎ跳びしてるだけなのかもしれない。少し前まで大学の夏休みって2ヶ月はあったと思うけど、今は小学校と変わらないです。アメリカの大学は今でも3ヶ月ありますよ。

2012年7月17日火曜日

この夏の過ごし方

知らない人の立ち話をなんとなく聞いてたら、昨日梅雨が明けたとか。今月も半分が過ぎて、明日は「研究論」の最後の講義である。もうすぐ大学は夏休みなんだけど、何にも計画を立ててないな。とは言ってもやりたいことはたくさんある。この夏の「マニフェスト」でも作ってみるか。自分と交わすこの夏の約束。

2012年7月16日月曜日

わしづかみ

今日もお休み。家の掃除をした後、ランチに出かけ、その後、学院近くのユニクロで買い物した。30分ほど滞在したと思うが、手当り次第に良さげなものを籠に放り込む。僕自身はポロシャツ2枚にTシャツ3枚、短パン2枚にブリーフ3枚。妻も息子もかなり籠に投げ入れてたから、最終的には20点以上の買い物になったんじゃないだろうか。もう、鷲づかみ状態ですね。気に入ったものをガッと掴んでガッと入れる。ユニクロさん、ありがとう。あんたら、ほんまエラいよ。。。その後は暑かったので、西神の風月堂で抹茶しぐれを息子と分け合う。夏だっ。

2012年7月15日日曜日

スパな一日

海の日のホリデーウィークエンドということで、先週に引き続き有馬温泉に行くことにした。本当は海に行くべき週末なんだろうけど、僕は山の方がリラックスするんだよね。昼前から夕方まで、風呂に入ったり、昼寝したり、アイスクリームを食べたり、読書したりして過ごしました。岩盤浴って気持ちイイですね。露天風呂も風が心地良くって最高。金泉に浸かった後は、いつもお肌がサラサラします。近くにこんな良い湯があるって、神戸に住んでることの特権ですね^^。僕、神戸、大好き

2012年7月14日土曜日

7月のボールパーク

今夜はオリックス vs 西武戦(@ほっともっと)を観に行ってきた。ここのところずっと晴れたと思ったら雨になりの繰り返しで、今日の試合もどうなることかと思っていたのだが、なんとか天気はもってくれた。4対1で西武の勝ち。序盤に点の入れ合いになり、乱打戦かと思いきや、ハーフタイムの花火の後はゼロゼロの繰り返し。オリックスの守備で幾つか見どころはあったのだが、全体的にぐずついた梅雨空に似つかわしい、あまりぱっとしないゲームだった。心なしか打球の音も湿ってる感じがするね。ゴン、とか、ボン、とか、ボコっ、とか。。。今日は西武3番の中島にやられましたね。3安打2打点。パリーグでは唯一関西を本拠とする我らがオリックスなのだが、関東・東北・九州勢に負けてますね。今調べたら最下位だよ。。。神戸の子供たちに夢と勇気と誇りを与える強いバファローズになる日は果たして来るのだろうか。。。そんなことを思いながら、7月のボールパークを後にした。

2012年7月13日金曜日

やっぱ、大切なのはリスペクト

先日、久しぶりにDickからメールが届いた。DickとはRichard J. Wurtmanという人のニックネーム(呼び名)であり、僕が今の職場に来る前にお世話になっていたMITのラボの主宰者である。昨年、一応ご高齢のため、ラボはクローズし、名誉教授となられたのだが、今も自らのオフィスを学部内に確保し、ご自身が所有する研究財団の運営を軸に、企業のコンサルティングや執筆活動をされている。もう80近いとは思うのだが、尋常ではないギンギンさで、ハチャメチャに人生を謳歌されていると言っても過言ではない。

実際に彼と仕事をしたのは2年足らずの短い期間だったのだが、その時やった僕の仕事を今でも高く評価してくれていて、時どき僕が関わっていたプロジェクトのその後の進展について連絡してくれる。今回は、Numicoという食品会社と数年前から進めているヨーロッパでの臨床試験についてのニュースだった。第2期の治験がうまく行き、初期のアルツハイマー病を対象とした医療用サプリが近々リリース出来そうだと言う。

これ、最後までうまくいくと、ホントにデカい話になるんですよね。分かる人はもうここまでの話でピンと来てると思うんですが、市場規模、ハンパじゃないですから。今どきの言葉を使えば、「ヤバい」です。

さすが、Dick!☆ 器がデカい!

......で、実はここからが今日の本題なのだが、僕がこのブログで本当に皆さんにお伝えしたいことは、僕たち(Dickのグループ)の成功談ではなくて、何年経っても、周りの人の貢献を評価(appreciate)し、それに対して感謝の意を表す彼の姿勢である。人をリスペクトする(尊重する)心と言っても良いだろう。

これは僕の知る限りでの話ではあるが、日本でなかなかこれを出来る「偉い先生」っていないんですよね。なかなか出来ないどころか、Dickみたいに自分が勝ち取って来たグラント(研究助成金)から人を雇っているわけでもないのに、あたかも自分が雇っている部下であるかのように年若の人たちに甘えてくる。ご本人は「感謝の気持ち」なんて微塵もない。。。うちの学部にもつい最近までいましたね。そんな勘違いしたご老人。。。

そういう意味でも、Dickの輝きは眩しいんだよね。僕もできればこうありたいと思う。プロジェクトの成功を祈ります。

2012年7月11日水曜日

ちょっと加古川に行ってきました

1限の授業のあと加古川へ。そう、夏だし、ちょっと川遊びにね。。。

なーんて言ってみたかったんだけど、ホントは出張で、ある高等学校へ。「加古川西高校」という加古川市の加古川町にある加古川沿いの学校です。先日の附属高校での集まりもそうなのですが、時たまこの筋(スジ)の仕事が入るんですね。高校での大学講義プレビュー。

僕が高校生だった頃はこんなの全然なかったんだけど、今は高校と大学との間に入る業者さんが絡んでやんややんやの勢いでやってます。文系・理系のいろんな分野について大学から高校に講師を呼んで、模擬授業やら分野説明会をやるわけです。

大学も学生確保に大変なのか、それとも高校生へのキャリア教育に熱心なのか、有名校も無名校もどこもかしこも講師を送っています。結構、遠方からも来てますね。

僕は一応うちの学部において、この手の仕事の係なので、依頼があればあちこち行きます。いろんな学校がありますね。場数を踏めば現場に入った瞬間にほぼその高校がどんな学校か分かるようになります。

高校の先生方の誠意というか熱意というか、その日のゲストを迎える姿勢で大体分かるんですね。これが低いと、その後お会いする生徒さんたちも、大抵やる気がなかったり、だらしなかったりします。こんなこと大きな声では言えないんだけど、高校によってはロクでもないとこもあるんです。。。来なきゃ良かったって思うとこ。。。

そういう意味では今日お伺いさせて頂いた学校は、先生方が初めから最後まで本当にきちんと対応されてて、授業をした生徒さんたちも熱心に話を聞いてくれました。さすが加古川・高砂地区でイチニを争う名門校ですね。

こういう高校・大学のイベントを開催する運営元の趣旨はよく知らないのですが、高校が上で大学が下とか、大学が上で高校が下とか、そういう関係性の中での話ではなくって、対等に双方にとって得るものがある win-win の関係を作っていければ良いですね。

加古川西高校の皆さん、理学療法士になりたいなら、どうぞ神戸学院大学に来て下さい^-*。

2012年7月10日火曜日

事実はさておき理論がね

今日の午後は裁判所で弁論準備手続があった。先日提出した僕の書面に対する被告からの反論はなく、本日をもって一審弁論は終結した。先だっても一度終結しながら僕の方からの申立により再開したわけだが、今回はどうなるだろうか。本当は今日、和解の提案が裁判官からなされる予定だったのだが、なかなか複雑なケースということで、もう少し裁判所に時間を下さいと言う。事実認定は終わっているのだが、判決を書く上での理論的な整合性を確たるものとしたいらしい。裁判というのは、原告・被告のどちらに軍配を上げるか決めるだけでなく、勝った方が負けた方から金額にしていくら受け取るかを決める場でもある。つまり今裁判官殿が頭を悩ませておられるのは、後者の問題であり、この問題に片をつけるための理由を吟味しているということです。これは僕の憶測なのだが、裁判官としては原告(僕)の完勝に終わらせるのではなく、請求をほどほどに認めたところで手を打ちたいと思っていて、そのための理由探しをされているのだろうと思う。理由が明らかにある場合は「探す」なんて苦労もないわけだけど、それが無い場合はイマジネーションが必要となる。僕は法律の素人なので、法曹が使う細かな訴訟上のテクニック(この中には「詭弁」も含まれるだろう)はよく知らないのだが、どんな理由を創作してくるのか、楽しみである。次回和解期日は7月24日。神戸地方裁判所明石支部。


------------------------------------------------------
このテーマに関するこれまでの記事
------------------------------------------------------

弁論準備手続
続・弁論準備手続
今週末はヤマだな
手続的正義
和解期日
弁論再開
訴えの変更
5分で終わる弁論準備
判決もコピペなのね

2012年7月9日月曜日

ミーム

昨夜のブログ(G線上のアリア)を書きながら何とはなしに頭にあった言葉は「進化」や「変異」という言葉。遺伝子を意味する gene という言葉をもじった meme(ミーム)という言葉があるが、音楽作品もミームの一種と言える。遺伝子のように複製され、世代を超えて受け継がれ、時として変異する。「G線」の場合はバッハの死後100年を経た時点で突然変異が起こったようなものである。でもこの変異が起きた後であっても、世に広められ弾き継がれることが無ければ今の世で僕たちがこの曲を耳にすることは無かったはずである。仲間を作り再生を繰り返すという点においては、人のコミュニティーにおける文化の伝播・継承も、一つの脳における記憶の形成・定着も同じ手続きを踏んでいそうである。社会と個人。ミームと記憶。変異と淘汰。考え始めると、いろんなことが繋がっていく。

2012年7月8日日曜日

G線上のアリア

三木でクラシックコンサートがあるというので、息子の「音育」と僕自身の息抜きを兼ねて行ってきた。ボストンにいた頃はボストン・シンフォニーによく行ったものだ。まだ小澤征爾がミュージック・ディレクターをしていた頃である。あちらではクラシック音楽にしろサイエンス

2012年7月7日土曜日

有馬温泉 via エスケール

今朝のブログでは、今日はうちの附属校で仕事するとの記事を書いたが、実はこれを書いた直後に方々から電話が入り、警報が出たのでイベントを中止するとの知らせを受けた。せっかく張り切っていたのに。。。で、早速予定変更^^。ランチに出ることにした。以前から一度行ってみたかった有馬温泉近くのエスケール本店。もともとはパン屋さんのようだが、カフェではハンバーガーを中心にサンドイッチやパスタもやっているらしい。先日しあわせの村にあるブランチに行ったことは行ったのだが、やはり本店の味を知ることなしに何かを語るのはフェアではないだろう。北神戸線を西宮山口南で降りて北に5分ほど行ったとこにある。なんの変哲もない山の中の住宅街。神戸市北区的風景。コンセプトはアメリカの片田舎のドライブインですね。店の中にはポール・マッカートニーやらマリリン・モンローやらの写真があり、テレビモニタは「トムとジェリー」をやっている。僕はアボカドチーズバーガーとクラムチャウダを注文した。美味しかったです。文句ありません。クラムチャウダは濃いーアメリカンな味だったし、バーガーはボリュームたっぷりで、アボカドとチーズが肉にうまく絡んで最高でした。帰りには姉妹店のドーナツ屋さんにも立ち寄って、その後はちゃっかり温泉へ。今日はいつもと違う湯に浸かったのですが、これも当たりで、これからちょくちょく利用したいね。有馬の湯はイイよ。

雨の川

昨夜はスゴい雨だった。ほんとにバケツの水をひっくり返したような勢いで、大量の水が空から押し寄せてきた。今日はある山に登るのだが、崩れないかな。土砂崩れ。新開地方面から登って行く。行き先はうちの附属校。うちの学部に興味のある生徒さんたちに学部の紹介をするんですね。高大一貫教育。内々の進学は、理学療法では定員の10%(4人)と決めているので、附属校生にとっては狭き門。潜在的な志願者(実際に出すかどうかは別として、願書を出そうかなと思っている志願者)は毎年20〜30名ほどいるんじゃないだろうか。。。それはさておき、あの山を一度登った人なら分かるだろうが、ホント凄い坂ですよ。「斜面」と行った方が良いかもしれない。「学びの坂」と言うらしいが、あれ3年間登り下りしたら、そりゃ何か学ぶわな。。。

2012年7月6日金曜日

イケてるか、4年生

うちの4年生の臨床実習もあと少しとなった。現在彼らは2期目(2施設目)の実習を行っているわけだが、全8週間の半分となる4週を今日の時点で終えたことになる。1期2期を合わせれば既に4分の3だね。ここまで来れば、あとは気合いでゴールに転がり込むだけだ。ま、別に気合い入れなくても、普通に流すだけで走りきれる人たちも沢山いるだろうけどさ。プロになる前に患者さん診れるのはあと数週間だよ。Enjoy the rest of your 臨床実習!

2012年7月5日木曜日

撤退らしい

先日このブログで書いた話題だが(こちらを参照)、昨日の毎日新聞にこんな記事が出ていた。大学の一員としてロースクールが無くなるのは残念だが、数字がすべてを物語っているのだろう。これは一般論だが、資格取得を目指すプロフェッショナルスクールで、資格がなかなか取れないとか、資格そのものの魅力がなくなるようなことが起これば、スクールの存在意義は薄れてくるわね。リベラルアーツの大学なら教養を育むことが目的なので、今の日本の法科大学院のような急激で極端な状況にはならないんだろうけど。。。うちの学部(理学療法・作業療法)も実質的にはプロフェッショナルスクールなわけで、こういう構造的なリスク(資格価値の変動リスク)はあるんですよね。ま、日本はまだまだどんどんお年寄りの数が増えるので、リハビリのマーケット自体は確実に拡大が見込めるわけですが、学校の数も飛躍的に増えているので、生き残りをかけた学校間の競争はこれからますます熾烈なものになっていくんだろうと思う。

2012年7月4日水曜日

今日は独立記念日!......って関係ないか

7月4日はアメリカの独立記念日である。英語では「Independence Day」 と言ったり、「July 4th」と言ったりする。アメリカではこの日をホントに盛大にお祝いする。なんてったって愛国者の集まりですからね。例外はいるかもしれないけど、基本的にみんなアメリカ大好き!星条旗振

2012年7月3日火曜日

ゲストをお迎えします

昨日のブログでお話したヨガの件ですが、やはりやるからには水準の高いものをということで、内々に講師の先生をお迎えすることにしました。僕が日曜の朝に参加しているレッスンを教えておられる方で、山本麻衣子先生と言います。バレリーナでもあり、ちょっとそこらのヨガ教室では体験できない、とてもクリエイティブなレッスンをされます。まだ講師をお引き受け頂いただけで、細かいことはこれから打合せさせて頂くわけですが、面白いものが出来ると良いですね。新しい試み、これからもやっていきまっせ!

2012年7月2日月曜日

後期に、ヨガやります

今年の後期に4年生の選択科目で「健康教育論」というクラスを開講する。昨年までは無かった科目で、5期生(今の4年生)から始まる新カリキュラムにおいて導入されたクラスである。同じく5期生から導入された「健康運動実践指導者」のコースに含めるかどうか検討した科目ではあるが、免許の発行元が指定した規則に縛られずに自由にやりたいということで、敢えてこのコースからは外し、卒業前の4年後期に配置した科目である。1単位8コマのクラスで、僕がその中身をデザインするわけだが、運動生理と動機づけを中心とした理論的なお話と、「そんで、どうやるんじゃ?」という実践的なお話とを組み合わせて全体を組み立てたいと思っている。そんなわけで、いろいろと考えてきたわけだが、このクラスの一つの目玉として、学生にヨガ・レッスンの構成について学んでもらおうと思っている。「なぜヨガなのか?」は、いずれ説明するとして、現在この方向で極秘に話を進めています。

2012年7月1日日曜日

ブログサマリー 2012.06

2012年6月(記事数:26)

結構涼しかった6月だったけど、金曜から急に夏の日差しになった。「じりじり照りつける」という表現がぴったりの太陽。これから朝から晩まで 24 x 7、オールナイト、ノンストップで暑くなるんだろうね。なんて書いてたら、今朝はどしゃぶりの雨だということに気がついた。

6月はメルマガを何本か配信することができた()。新たなサービスである「Express」も開始し()、カタチが少しずつ出来てきた。誰かに何かを届けるとなると自分の勉強にも身が入るし、届いたもので誰かが1ミリでも救われるなら悪い話ではない。win-win。

試験関連の、いわば学生向けの記事も幾つか書いた()。7月も期末試験が幾つかあるね。上のメルマガと本質的に同じ話なのだが、学生にとっては、試験は教員に自分が学んだものをお披露目する場である。これを教材だと思って取り組むか、単位取得のための義務と思って取り組むかで、楽しみも成果もずいぶんと変わってくると思う。後者は給料のためにだけ嫌々働いているサラリーマンみたいなもんですよ。

さて、この他にもいろいろと書いてきたわけだが、全部に触れると長くなるので、自分が特に気に入った記事だけ、以下に再掲しておきたいと思う。


その他の記事

スターバックスとユニバーサルデザイン
help people smile
α波が止まらない
私のお父様
July, July
紀の川

2012年6月30日土曜日

今どきの学生は・・・

最近、お世話になっている理学療法士の人たちと酒場で話す機会がちょくちょくあるのだが、同世代の人たちと話をすると、「昔は・・・」とか、「最近の学生は・・・」とかいう話も結構やる。僕たちが「若者」と呼ばれていた頃は、僕たちもその当時においては「最近の学生」だった

2012年6月27日水曜日

紀の川

午前中に講義を済ませ、午後から和歌山へ。14号松原線から南阪奈道路を羽曳野へ。170号外環状を河内長野に向けて南下し、その後371号線で橋本へ。行き先は某医科大学付属病院分院。4年生の実習地訪問です。予定より早く到着したのでお先祖様の墓参りをした。そう、僕の父の生家がこの近くにあるんです。伊都郡かつらぎ町。山に囲まれた「昔ながらの田舎」です。実際に僕はここで暮らしたことはないのだが、小さい頃に大阪から渋滞する道を何時間もかけて墓参りに来たことを覚えている。僕にとって「田舎」(一般的に言う「未開の地」ではなく、僕の中では「墓参りをする所」だった)は、日常とはかけ離れた、物理的な意味においても象徴的な意味においても、ずいぶんと遠い特別な世界だった。小学校の高学年まで毎年夏に訪れていたように思う。2年ほど前に実習地訪問で再びこの近辺に足を運ぶようになり、次いでに・・・と言っては何だが、30年ぶりに裏山にあるお墓を年に一度お参りするようになった。昔からある素朴な墓苑で、代々ここに住み着いている町の人たちだけが眠る墓。誰かがこの霊園の存在を教えてくれなければ誰もその存在を知ることはないだろう。墓地への標識はなく、そこに至る道はひどく険しい。。。いくらか年を取ったせいかもしれないが、墓参りって、いいねえ。本当にそう思う。山の中腹にあるこの墓地からは、町の中心を流れる紀の川が良く見える。

2012年6月26日火曜日

騙された。。。

僕はあまり政治には関心はなく、「言いたいことを言っただけで牢屋に放り込まれるような法律」(たとえばの話です)でも作らない限り、民主党でも自民党でもその他の政党でも何でも良いと思っている。でも、今政権を担っている民主党にはちょっと言いたいことがある。3年ほど前の選挙で僕は民主党が「高速道路無料化」や「子ども手当、月2万6千円」を謳っていたので、個人的には全く興味もない民主党候補者に一票入れたわけだが、未だに高速は無料にならず、子ども手当は2万6千円に達していない。それどころか高速料金値上がりしてるやん! 子ども手当、年々減って行ってるやん!

これ、詐欺ちゃうの? 政権だけ取っておいて、国民との約束果たしてないやん。債務不履行。

消費税は上げるなら上げるで構わないのだが、選挙の時に上げなきゃいけない理由を説明して「上げる」って言うべきじゃないの? 僕は特に小沢さんや橋下さんのファンではないが、「選挙時のマニフェストに反する」とか、「増税の前に選挙しろ」という主張はもっともだと思うな。自民党から民主党に代わって何が変わったんだろうか。「子ども手当」って、もともとあった「児童手当」に戻るんでしょ。確たる裏付けもなく、またやり遂げる力もないくせに大言壮語してたってわけだ。僕みたいなアホな庶民はまた一つ学んだね。「マニフェスト」なんて真に受けるこたぁねえよって。。。

2012年6月25日月曜日

第15準備書面

今日の夕方、第15準備書面を提出した。これに対する被告からの反論が無ければ、これが最後の準備書面になる可能性が高い。と言っても1審で片がつけばの話ではあるが。。。これまで2年以上もの間、被告は凄腕の顧問弁護士を二人つけて僕と争ってきたわけだが、素人の僕から見ても「えー、そんなんで良いの?」と思う主張を繰り返している。「能ある鷹は爪を隠す」と言うが、いつになったらこの弁護士さんたちはその光り輝く鋭い爪を僕に突き立てて来るのだろうか。1審が終結する前に一度見てみたいものですね。キラキラのネール。ま、いくら凄腕でも、ケースが負け筋だとどんなに立派な爪を持っていたとしても使いようがないのかもしれませんが。。。僕が全面勝訴の場合は◯千万円を手にすることになります。全面敗訴の場合は◯十万円のみ。ま、その前に

「その差額を2で割って」
「仲良くしましょうよ」

みたいな和解案が裁判官から出るのでしょうけど。。。次の会合(弁論準備)は7月10日。


------------------------------------------------------
このテーマに関するこれまでの記事
------------------------------------------------------

弁論準備手続
続・弁論準備手続
今週末はヤマだな
手続的正義
和解期日
弁論再開
訴えの変更
5分で終わる弁論準備

2012年6月24日日曜日

【脳 × リハ Express】

昨日のブログでは、メルマガ【脳とリハビリ】に新たに加わるサービスを紹介させて頂きました。早速、新規でのご登録をいただき有難うございます。

現在、配信している「シリーズ物」は、「【脳 × リハ】」名義でお送りしていますが、新サービスはこのラインの記事と区別するため、

【脳 × リハ Express】

という名義でお送りする予定です。

「Express」には、「急行」とか「速達」とか、「急ぐ」「速い」といった意味がありますので、【脳 × リハ】速報版のネーミングとしては悪くないと思います。(←自画自賛)

名は体を表すと言いますが、名に適う実体をこれから作っていきたいと思います。

ご登録はこちらで随時受け付けています。

メルマガで会いましょう。

2012年6月23日土曜日

来週より新サービス始めます。

先月から約一月に渡りお送りしているメールマガジン【脳とリハビリ】ですが、来週より新しいサービスを追加します。これまでのところ、一つのテーマについて連載的に配信していますが、このラインの記事とは別に、最近に発表された脳・リハビリ関連の論文の速報記事を配信してい

2012年6月22日金曜日

夏至過ぎて

昨日は夏至だったが、雨が降っていたので何だかうやむやにされてしまった感じがする。朝が早く夕方が短い日本では夏至と言ってもせいぜい明るいのは7時過ぎまで。9時まで明るいボストンが懐かしいな。これからまた冬至に向かって太陽は南へと移動する。夕方が次第に短くなるのはさみしいね。今年もあと半分。。。

2012年6月21日木曜日

全国ワースト

うちの大学には法科大学院なるものがあるのだが、今日たまたまウォール・ストリート・ジャーナルを読んでたら看過できない記事を見つけた。それがこれ。全国には法科大学院が73校あるそうだが、86%に当たる63校で定員割れを起こしているらしい。定員の半分にも満たないガラガラの学校が35校もあるとか。全73校のほぼ半分じゃないか。。。これってスゴい状況のように思うけどそれほど大したことでもないのかな。司法試験の難しさはどうか分からないけど、法科大学院に入学するくらいならなんとかなるような気がするな。教室の席がたくさん余っているわけだからね。でも学生が集まらないのにはそれ相応の理由があるのだろう。大学院に行ってもその先の司法試験が難しいとか、弁護士になっても数が飽和していて安月給のままだとか、裁判官になったら転勤転勤で大変だし、かといって検事になったら人を有罪にするためにでっち上げやら文書改ざんまでしなくちゃならないようだし。。。あんまり魅力ないのかもね。法曹。。。記事を読んでて初めて知ったことだが、我が校の定員充足率はなんと6%ということだ。大きな声では言えないね。でもすでに知らない間にウォール・ストリートにまで伝わっちゃってるわけだ。法曹は本質的には立派な職業だ思うし、うちはうちで良い学校だと思うんですけどね。

2012年6月20日水曜日

July, July

ティム・オブライエンの長編小説。確かこの作品は発表された10年ほど前に MIT の図書館で借りて来て読んだ覚えがある。今回は学院の図書館で日本語版を借りて来て読んでみた。邦題は『世界のすべての七月』。アメリカがベトナム戦争をしていた頃(60年代後半)に学生時代を共にした人たちが、卒後30年経った同窓会(reunion)で再会し、それぞれが過去を回想しながらドタバタを演じるという、言ってみればよくあるパターンのお話です。とても面白かった。500ページほどの長さだけど、どんどん読んであっと言う間に読み終えた。みんな専門職でキャリアを確立したり、ビジネスで成功したりして、裕福でもあり、世間的に見ればうまくいっている人たちなんだけど、幸せかというとぜんぜんそういうわけではなくって、いつまで経っても満たされないものを胸に抱えた人たちが登場してきます。「その気持ち、分かる、分かる」というほど僕は人生を生きてきたわけではないけど、それでもなんとなく、自分が50の半ばになったらこんな感じなのかなと、リアルに想像させるものがある。親しみやすいお話であり読みやすい文章ですが、渋い大人の小説とも言える作品です。

2012年6月19日火曜日

午後から休講

今日は朝早くに大雨洪水警報が出て、息子の小学校がお休みとなった。だが大学はどれだけどしゃぶりの雨が降ろうとも、堤防が決壊し橋が流されるほどの洪水になろうとも、暴風警報が出ない限り休校とはならないのだ。大学をクローズするためのハードルは高いのである。それで今朝は卒業研究生とのミーティングのために、いつもの火曜の通りに出勤したわけだが(正確には先に散髪屋に行った)、登校してみると館内アナウンスで「暴風警報」が出たと繰り返されている。気象庁も出すなら出すで、早め早めに出して欲しいですね。お休みは午後からなんだって。僕には関係ないな。授業は2限だけだからさ。。。2限が終わると再び館内放送があり、多くの学生・教職員はキャンパスを後にした。とても静か。僕は一人オフィスに残り、明日の授業の準備をした後、せっせとメルマガを書きました。今までのところ、雨も風もぜんぜん強くないけどね。

2012年6月17日日曜日

私のお父様

今朝は父の日の授業参観で息子の通う小学校へ。国語の授業だったのだが・・・何というか、こう、ぶっちゃけて言うと・・・バカバカしい授業だった。いや、別に授業をしている担任の先生がどうのこうのと言うんじゃなくって、たぶん公立の小学校における教育方針のせいなんだろ

2012年6月15日金曜日

メルマガ第4号予告|運動の表象

先月から配信しているメルマガ【脳とリハビリ ~ Brain & Rehab ~】の第4号を近日中に送信します。これまでの配信では、感覚刺激を用いた脳卒中のリハビリテーション(創刊号)、ミラーニューロン(第2号)、運動行為の認識(第3号)について話を進めてきました。

64.5±13.4

今朝は脳神経科学 Ⅰ の中間試験を返した。平均は64.5点。標準偏差は13.4点。「標準偏差」というのは分散の平方根であり、平均値を中心としたデータのばらつき具合(程度)を標準化して表したものである。最高は88点、最低は25点でした。今日の授業の中でも話したことですが、もしあなたの点数が平均以下であるならば、理解していることをどう解答に反映させるか(言語化するか)研究するだけで、少なくとも5点は得点アップするのではないかと思います。極端な言い方をすれば、少々理解していないことがあったとしても、それをあたかも理解しているかのように採点者を錯覚させるくらいの勢いで次回は書いてみて下さい。でたらめを書けば良いと言っているのではないですよ。「大きく出ろ」と言ってるわけでもありません。理解していることを魅力的に書いて下さいとアドバイスしているのです。

2012年6月14日木曜日

ベッドが届いた

昨日の夕方、オーストリアから我が家にベッドが届いた。正確には数週間前に神戸港に辿り着いたのだけれど、港の税関で足止めされていたようだ。Team 7Valore Relief。先日、茶屋町のホテルで体験させて頂いた某大手家具メーカー販売の高級ベッドではなくて(摩天楼はバラ色に)、以前にこのブログで紹介したアルダー1経由のものです。昨日は「数十時間寝ていない」というブログを書きましたが、昨夜はこのベッドのせいか、夜の10時頃には気持ちの良い眠気が訪れ、朝6時まで快眠した。さすがはバイオメカを包含するエルゴノミクス(人間工学)に基づくベッドだけのことはある。人間は人生の3分の1近くを寝て過ごすわけで、眠りのクオリティーにはこだわりたいと思う。QOS = Quality of Sleep。

2012年6月13日水曜日

α波が止まらない

火曜の朝の3時頃から一睡もしていない。今は水曜の夕方6時を過ぎているのでかれこれもう40時間ほど起きていることになる。別に夜通しやらなくてはいけない仕事があるわけではなく、ただ眠気がやって来ないだけだ。僕はいつもベッドに入ると1分も経たないうちに寝てしまうほど寝付

2012年6月11日月曜日

help people smile

昨日の日曜の午後は Le’Vage でランチした後、ガソリンスタンドで車を洗ってもらった。いや、正確には洗車してもらっている間にランチを食べたんだな。。。手洗い洗車。コーティング付き。合わせて3600円プラス税。洗車やワックス掛けなんて自分でもできるわけだが、ほかの人でもできることはお金を払ってその人たちにやってもらうというのも真っ当な考え方だと思う。「その人たち」だって仕事が欲しいわけで、数千円のことで自分の時間と彼らの笑顔が得られるのであれば、win-win。皆ハッピーになるよね。車をピックアップした後は、プロフーズに寄ってちょこちょこ食材を仕入れたのだけれど、ここでも無料サンプル片手に店頭販売してたお姉さんからメープルシロップとナッツを買いました。僕たちも美味しい物が味見をした上、いつもより安く買えてラッキーだったし、お姉さんも本当に嬉しそうに喜んでくれて、これまた win-win。数千円のことでデカイことは言えないけれど、ケチは不幸の源泉だと思うな。

2012年6月10日日曜日

あれっ?

今朝はいつものようにジムで筋トレした後、ヨガをした。半年ぶりに体組成分析も行う。体脂肪率は7%。全国平均をはるかに下回る数値ではあるが、これでも前回測定時より2%アップ。筋トレはさぼっているわけではないのだが、全身の筋肉量は2 kgほど減。お尻と脚の筋肉が落ちたみたい。下半身に対する主観的なイメージ(ここでは性的な意味は含まれていない)では、少し筋肉が付いたように思っていたのだが。。。体脂肪率は少しくらい増えても良いけど、筋肉量は維持したいな。昨年の秋と比べると、走り込みが少し足らないのかもしれないね。

2012年6月8日金曜日

メルマガ第3号予告|共感への手がかり

先月から配信しているメルマガ【脳とリハビリ ~ Brain & Rehab ~】の第3号を、6月10日(日)もしくは6月11日(月)に送信します。これまでの配信では、さまざまな感覚刺激を用いた脳卒中のリハビリテーションに関して論文を紹介し(創刊号)、その中で出て来た「ミラー・ニューロン」という、視覚と運動に関わる大脳ニューロンの特性についてお話しました(第2号)。

第3号ではこれらのお話を踏まえ、このニューロンが活動することの意味について考えてみたいと思います。脳卒中のリハビリテーションにとどまらず、人が世界を認識するメカニズムの理解へと繫がる話になれば良いなと考えています。

まだ未登録で、これからの配信をご希望される方は、こちらよりご登録下さい。ご登録のお名前は名字のみでも結構です。居住地は県名のみご記入下さい。6月10日の午前中までにご登録いただければ、今回第3号より配信いたします。

毎回、配信後にTwitter(toshiznet)、Facebook(toshiznet)及びホームページ(toshiz.net)で配信が完了したことをお知らせしています。既に登録済みの方で、前回第2号を受け取られていない方がおられましたら、br@toshiz.net にご一報下さい。携帯アドレスでご登録の方は、PCメールを受け取れるようご設定下さい。宜しくお願いします。

皆さまのご参加お待ちしています。

坂本年将

脳神経科学 Ⅰ

先ほど「脳神経科学 Ⅰ」 のテストが終わった。昨日の「運動科学」と同じ2年生のクラスですが、作業療法(OT)の2年生も選択で履修できる科目なので、一部OTの学生もいます。難しいというか、内容が盛りだくさんということで、2年生には難関科目の一つとして位置づけられています。

2012年6月7日木曜日

運動科学

今朝は「運動科学」の中間試験を行った。理学療法の2年生を対象にしたクラス。リハビリ系セラピストの養成校では、この手の科目は普通「運動学」という名称で開講されているのだが、うちでは「運動科学」の名の下に行っています。このあたりの話はやりだすと長くなるので、また機

2012年6月6日水曜日

試験を返した。

今朝は先週行われた理学療法研究論の試験結果を発表した。平均点は100点満点の42.6点。標準偏差は12.2点だった。予想していた得点レンジから10点ほど左に移動する形となったが、キレイな正規分布を描いたので、試験としてはワーク(機能)したと思う。昨年と比較すると15点ほど平

2012年6月5日火曜日

原子力機構

さっき asahi.com を見てたら「怒る奥さんは放射性物質」という記事に出くわした。独立行政法人日本原子力研究開発機構という研究所(?)のホームページに掲載されていたということだが、(以下 asahi より引用)原子力に関する用語を言い換える例として「奥さんの怒鳴り声が

2012年6月4日月曜日

スターバックスとユニバーサルデザイン

最近ときどきスターバックスで仕事をしているのだけど、周りを見るとホントいろんな人がいる。試験勉強をしている高校生やら、ぺちゃぺちゃおしゃべりしている主婦の人たち(確かめてはないが、たぶん主婦なんだろう)やら、働きざかりのおっちゃんサラリーマン、ちょっと疲れ

2012年6月3日日曜日

スローフードなハンバーガー

今日の朝はジムでヨガして筋トレした。サウナも入って良い気分。午後はひょんなことからハンバーガーを食べようということになり、「エスケール」というお店に行くことにした。場所は「しあわせの村」。ハッピービレッジ。ここの他にも神戸近辺に幾つか姉妹店があるようです。

メニューを見ると、バーガーだけでなく、サンドイッチもあるし、パスタもあるし、カレーもあるし、和食もあるし、スイーツもあるし、ドリンクもいろいろあるし、ということで、フードコートを一つの店に集約したような、カフェテリアです。

ハンバーガーは初めて行くお店でもあるので、オーソドックスにチーズバーガーを注文した。待つこと5分。まずは妻に和食定食がやって来る。早いね。なかなかおいしそ。そしてまた5分。次は息子にたまごサンドがやって来た。5分経過する。

「ちょっと遅いね」
「通ってないのかな」

レジまで歩いて店員さんに確かめると「通っている」と言う。

漏れてなかったなら、すぐに来るよね。何と言ってもハンバーガーなんだからさ。ファストフードだよね。。。

でも来ない。さらに15分ほど経過する。

ようやく来た時には妻も息子も食事を終え、デザートタイムを迎えていた。

いやー、確かにハンバーガーはよく出来てて美味しかったんだけど、タイミング的には興ざめで、食べ終わった時には味覚と満足感とが妙に乖離した不思議な気分でした。

また行きたいとは思うけど、今度は本を片手に、家族みんなでバーガーを注文しようと思う。

2012年6月2日土曜日

【脳とリハビリ】第2号 | ミラー・ニューロン

メルマガ【脳とリハビリ】の第2号を明日(6月3日)の午後に配信します。今回はミラー・ニューロンのお話です。配信を希望される方で、まだ配信登録されていない方は、こちらよりご登録下さい。登録は無料です。明日の午前中までにご登録頂ければ、今号から配信させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

2012年6月1日金曜日

ブログサマリー 2012.05

2012年5月(記事数:26)

今日から6月。5月にはあった「肌寒い日」は、もうしばらくの間やって来ないだろうね。次は10月かな? 僕も今日から半袖シャツ着てます。日中の車の中は「暑い」というよりも「熱い」です。これから夏本番を迎えるのかと思うと、別に何があるというわけでもないのですが、