2017年9月18日月曜日

裏を返せば...

先日、二日間にわたり県のサービス管理責任者研修会に行ってきました。

相談支援専門員と合わせて830名ほどが来ていたというから、なかなかに人気の研修会ですね。

障がいを持った人たちに福祉サービスの利用を勧めたり、サービスの内容を具体的に計画したりする人たちです。

個人的にこれまで医療、科学、教育と職域を拡大してきましたが、CBRグループホーム【ミューズ神戸】への関わりをきっかけに、このたび福祉の世界にも首を突っ込むことになりました。

医療と福祉の融合。

総合リハビリテーションです。...


研修会の内容は講義があったり事例紹介があったり座談会があったりとカラフルな構成で、短い時間の中で実務の概要を効率的に学ぶことが出来ました。

中でも、

「障がい者の気持ちを大切にしよう(本人中心支援)」

とか、

「支援者たちは立場を超えて力を合わせよう(連携)」

とか、

「目標が生きる力を与える(エンパワメント)」

とか、

研修会を通して繰り返し繰り返し語られていたことは「なるほどそうだ」と印象に残りました。

でも、これは裏を返せば、

「本人は周辺に置き去りにされ」

「支援者たちは互いにバラバラで」

「漫然として生きる力が失せる」

ような現場があるということなんですよね。。。

たぶん、そのような現場はたくさんあって、普通は放っておくとそのような現場になってしまうので、何度も何度も言葉にして意識付けする必要があるということなんでしょう。

福祉業界の人たちの話は妙に形而上的であったり、支援者に求めるものが高潔であったり情緒的であったりしてそのレベルの高さに圧倒されてしまうことがあるのですが、そこにはそういった裏表の事情もあるのではないかと思います。


講師の先生が、

「利用者さんたちが使う『普通の言葉』で考えることが重要だ」

と仰っていましたが、

私もそれは重要だと思いますし、また普通の言葉で十分にできる仕事ではないかとも思います。

でも一方で、

「エンパワメント」

とか、

「ノーマライゼーション」

とか、

「ストレングス」

とか、

サービスを利用する人たちが使いそうにない言葉を好んで使っているようにも思うんですね。

一昔前までは「クライエント」なんていう言葉も流行ってたみたいです。

例えばですけど、

「利用者のストレングス」

は、

「利用者の強み」

で良いんじゃないの?

「ストレングス」に何か特別な意味でもあるんでしょうか...?

2017年9月9日土曜日

痛みのクリニカルリーズニング

だいぶ涼しくなってきましたけど、まだまだ暑いですね。

この夏からは障がい者グループホーム【ミューズ神戸】の運営が始まるなど、医療職者を対象とした研修会の開催だけでなく、臨床のフィールドも開拓することができました。

グループホームは本当に楽しいです。ここには人の心と振る舞いを変えていく可能性が山盛りにあることを実感しています。

来週、【CBR2017】が例年通り淡路夢舞台であるのですが(今年は実は内々で...)、ここで少しミューズ神戸の様子もお話しする予定です。

お陰さまでCBRも多角的に活動を展開しています^^


*----------------*


さて、今月は、来月東京で開催の「痛みのクリニカルリーズニング」を強力に案内していきたいと思っています。

=============================
【CBRクリニカルリーズニング講習会】
〜痛みのクリニカルリーズニング〜
=============================

■日程
2017年10月21日(土)14:00〜18:00
2017年10月22日(日)10:00〜16:00

■会場
J-Workout 株式会社
東京スタジオ
=============================

今回講師をお願いします Physio Study Kyoto 代表の永井豊美先生とは3年近く一緒に仕事をさせて頂いています。

ちょうどCBRがセミナーを始めた頃からですね。

運動器のニューロサイエンスセミナーに参加されて、その後、神戸でクリニカルリーズニング(CR)の研修会を共同で開催したのが始まりです。

徒手療法を専門にされていましたが、「運動器疾患の治療にも脳の理解は必須である」と仰られ、CBRベーシック(“カンデル神経科学マスタープログラム”)も受講頂きました。

昨年7月には永井先生の伝(つて)で京都にCRの世界的第一人者Mark Jones先生をお迎えし、CRの国際セミナーも主催することが出来ました。

本当に「あれよあれよ」といった感じです。

今回の講習会はこのJones先生の国際セミナーのエッセンスを痛みのリーズニングに適用します。

そして日本人向けに日本語で噛み砕いてお伝えする純和風のしつらえを施しています^^

日本人なら出来れば日本的な言語世界の中で十全に講義内容を理解したいですよね。

2日間の講習会です。

1日目は【基礎編】【病態編】【臨床編】の3部構成で講義します。

「CRの基本」
「痛みのメカニズム」
「痛みのCR」

と順序良く学んでいきます。

メカニズムには、

「運動器の視点」と「神経科学の視点」

の二つがあることにご注目。

私も「神経科学」のパートで登壇します。

2日目は演習です。

2つのケースを用意しました。

初日に学んだCRの概念・手続きを痛みを有する患者の評価・治療に応用します。

参加型のグループディスカッションを行います。

運動器系のセラピスト(治療家)も神経系のセラピスト(治療家)もどちらも参加して下さい。

それでなくても(実は)狭いセラピストの守備範囲の中に垣根を作る必要はありません。

患者の痛みと格闘する治療者みんなのための講習会です。

そして、そして、今回はまた特別に脊髄損傷者専門トレーニングジム「J-Workout」さんの協力を頂き、江東区にある同社東京スタジオを会場とし開催します。

代表の谷野先生もCBRベーシックがご縁のお付き合い。

脊髄損傷者の多くが抱える痛みの問題にも有効な示唆が得られるセミナーにしたいですね。

数多くのご参加お待ちしています。

参加申込サイト
※講習会プログラムは上記サイトからダウンロード下さい

主催:脳とリハビリ研究所(CBR)
運営:株式会社ステラマインド
協力:J-Workout 株式会社

2017年9月8日金曜日

東京セミナーとメールマガジン

こんばんは。ご無沙汰してました。3か月ぶりのブログです。

いろいろとやることもありまして、ここしばらくブログを書くことの優先順位が下がってたんですが、またそろそろ復活させていきたいです。

メールマガジンの方も同じく再開します。

10月21日、22日と Physio Study Kyoto の永井豊美先生と東京で痛みの講習会をやるんですが、これに向けて書いていきます。

講習会では僕も登壇します。それまでに日々行う一人勉強会の内容等を実況中継してみようというわけです。うまくいくかどうかは分からないですが、何事も経験ですからね^^

一般の人向けではなく、痛み好きなマニアな人たちが対象になると思うんですけど、興味のある方はメルマガ登録しておいて下さい。

お名前とメルアドと住んでらっしゃる地域を入力頂けると登録できます。

これまでにCBRのセミナーにご参加頂いた方はすでに登録されていますので、その場合は新たな手続きは不要です。

メルマガ登録サイト
http://toshiz.net/newsletters

登録お待ちしてますね。

2017年6月22日木曜日

通常のグループホームは、、、

ご無沙汰してました。脳科学者の身辺雑記。

ここしばらく自転車漕ぎまくってたんですが(比喩です)、少し落ち着いてきましたかね。

ブログもまたどんどん書けるようにほかの仕事をサクサクお片づけしていきたいです^^

来週末(7月1日・2日)は札幌でマスタープログラムなんですが、もし参加されたい方がおられたら、こちらから駆け込みで申し込みお願いします。

先ほど事務局のステラマインドさんに確かめたら、今回は参加者が少ないので、このままだと今後の札幌開催は難しくなるとのことでした.....T_T

皆さん、札幌の灯火(ともしび)を絶やさないで下さいね。。。マジでこれが最後になるかもしれないです。。。

CBRマスタープログラム参加申込サイト
http://stellar-mind.com/cbr-basic-mp



グループホーム【ミューズ神戸】の方は順調です。

来月にはほぼほぼ満員御礼でスタート出来そうです。

でも今日は、とある福祉サービス事業者の方々とお話していてとても不愉快な思いをしました。

何の権限があって偉そうなことを言われてたのか全く分からないのですが、どうやら僕らのホームを快く思ってないんですよ。

「通常のグループホームは、、、」

とか、

「普通は、、、」

とかいった言葉を使って批判するのですが、

僕にとったら、法令違反を指摘するならまだしも(指摘されても争うだろうが...)、

そんなその人たちの常識持ち出されても「はい、はい」と無批判に従うつもりはないんですよね。

「通常じゃなくちゃいけないんですか?」

「普通って何?」

って言いたいです。

以前、積水ハウスと最高裁まで裁判した時に、向こうさんが、

「通常の打合せ」

とか、

「普通は、、、」

とかよく言ってたことを思い出した。

あなたにとっての「通常」とか「普通」は必ずしも私にとっての「通常」とか「普通」ではないんですよ。

たとえば、洋服屋さんに行って、店員さんが、

「どんなTシャツをお求めですか?」

って聞いて、

「通常のTシャツです」

って答えても、分からない店員さんはきっといるはずです。

「私の夫は普通の人で...」

と言ってもその普通のレンジは大きいだろうしね。

こういう「通常」とか「普通」が好きな人たちって、信じるのは得意かもしれないが、考えるのは苦手な人たちが多いように思う。

自分の信じる世界を超えて想像してみることが出来ないのだ。

皆さん、どう思いますか?


「神戸市長が認めてんだからそれの何が悪いんすか?」

って(少しきつめに)言い返したら、ひるんでましたけど、目線が保守的なだけにひょっとすると権威に弱い人たちなのかもしれないね...^^


ま、そんなこんなで日々いろんな人に出会うんだけど、会う人みんなに何かしらの影響を及ぼせる人でありたいですね。

2017年5月24日水曜日

おいおい、ヤバイで...

福岡でのマスタープログラム終了しました。受講者の皆さんともいろいろお話出来て楽しい2日間でした。

最近は「脳科学」と銘打った本を読んだり講演を聞いたりして勉強している療法士も数多くいますが、それでも僕の講義を受けて「初めて学ぶことが多かったです」というコメントを残して帰っていく人たちもたくさんいて、「一体みんなどんな脳科学を学んでいるんだろう」と思うことが時どきあります。

自分としては何気なく語っていることが聞き手にとっては衝撃的(impressive)であったりして、みんなと話しているといろんな発見があります。

「マスタープログラムの上位コースは無いんですか」という質問もありましたが、確かにここで終わると寂しい気もするので何か作れると良いですね。

これは「臨床的な内容のセミナー」ということではなく(これについては既に計画しています...)、基礎の上級編ということですけども。

究極的には大学院に来てもらって臨床なり研究なりの考え方を体得するのが良いと思いますが、それが難しい人や、その前段階として、という人たちのためのトレーニングプログラムになります。

リハビリの世界は基礎なしで十分にやっていける世界ですが、やはり理論的にも何か確たる意味あることを目指すのであれば基礎は必要だろうと思いますのでね。。。


話は変わりますが、ここ最近、うちの学科の3年生に統計学を教えています。

Σとか分布とか確率とか話しているんですけど、厳密な理解を要する局面になると場が動揺します。

「おいおい、ヤバイで...」

みたいな感じです。

その空気に耐えられない子たちは机に突っ伏し話を聞くのも止めてしまいます。

そんな時、

「この子たちって、本当に理系の子たちなんだろうか...?」

と思うんですけど、本当はそうでないことくらい僕も知ってます^^

たぶん、そういうトレーニングを受けてない人たちを理系の学生として大学に迎え入れていることや、「理学療法士」なんていうミスリードな名称の付いた資格を与えようとしているところが問題なんでしょうね。。。


話は変わりますが、昨日は大阪の貝塚市にある知人の障がい者グループホームにお邪魔し現場の業務に関して教えを受けた後、大学に戻り講義をし、その後また直ぐに大阪梅田にある知人のオフィスでがっつりホームページの製作会議を行いました。

CBRのホームページをリニューアルするんですが、ここの会社は単なるHP屋さんではありません。彼らと共にチームを組んで、これから巨大企業を相手に戦っていきます。。。

こうやって行ったり来たり、教え教えられ、インプットとアウトプットを交互にやると、脳や身体に良いみたいですよ^^

2017年5月19日金曜日

近況です。

しばらくブログをご無沙汰していましたが、いつもと変わらず元気です。

CBR(脳とリハビリ研究所)も一つの転換期に入っておりまして、ここしばらく新たな体制づくりに勤しんでいます。

先週は東京で人と会う仕事を幾つかこなした後、千葉幕張メッセで全国理学療法学会でした。

学生が一つ研究発表をし、僕自身は基礎のセッションで座長(司会)をしました。

セッションの感想は、、、そうですね、、、何と言えば良いのか、、、いずれも素晴らしい研究発表でした^^

今年で「全国学会」は終わりで来年以降は各専門分野ごとの「分科学会」になるそうです。

時代を逆行しているのか、先端を10年ほど先駆け突き抜けているのか分かりませんが、そもそもこれだけPTが増えると参加者を収容できる会場を確保するだけで大変ですよね。

僕自身は「全国」がないと学会からは足が遠のきそうなのですが、いろいろと事情があることだから仕方ないですよね^^

明日・明後日は福岡でCBRベーシック・マスタープログラムの後半戦です。

6月からは東京会場が開幕し、7月からは札幌、9月からは高松会場も始まります。

札幌と高松は今日から本格的に参加申込を受付けています。

■CBRベーシック・マスタープログラム参加申込サイト
http://stellar-mind.com/cbr-basic-mp

札幌は少し日が迫っていますが、宜しくお願いします。

CBRが企画・監修する障がい者のためのグループホーム「ミューズ神戸」の開業準備も着々と進んでいます。

生活支援員・世話人スタッフの募集もしていますので、興味のある方はメッセンジャー(Facebook)に連絡下さい。PT、OT、STの夜勤・週末バイトも歓迎です。学生さんも歓迎です。ほかのバイトと比べ、必ずセラピストとしての経験値が上がるはずです。

■ミューズ神戸スタッフお問い合わせ(坂本年将メッセンジャー)
http://facebook.com/toshiznet

7月大阪、8月福岡で開催のCBR臨床教育セミナー「歩行の神経科学とバイオメカニクス」も絶賛申込受付中。

■CBR脳とバイオメカニクス研修会参加申込サイト
http://stellar-mind.com/cbr-biomechanics

そのほか、秋頃に仙台でCBRベーシック・ショートプログラムを開講するかもしれません。いや、必ず開講したいです。。。この夏からスカイマークが神戸-仙台便を飛ばすというのでそのお祝いにd..^^

11月にはバンコクに飛ぶ予定も入ってきました。タイに詳しい人、おススメのご紹介など宜しくお願い致しますmm

2017年5月6日土曜日

歩行の神経科学とバイオメカニクス

7月大阪、8月福岡でCBR臨床教育セミナーを開催します。

◆==============================◆
 CBR脳とバイオメカニクス研修会
 〜歩行の神経科学とバイオメカニクス〜
◆==============================◆

神経科学とバイオメカニクスをまとめて学べる二日間の研修会です。





私、坂本の企画・司会進行のもと、講師に福岡国際医療福祉学院の玉利誠先生をお迎えします。

玉利先生とはネットで繋がり始めて3年ほどになります。

私のこのブログ「脳科学者の身辺雑記」に毎回いいね!をしてくれる人がいて、「この人誰だ?」と思いメールしたのが始まりです。

初めてお会いしたのは2年前。東京で開かれた全国理学療法学会でした。

「初対面なのに全くそんな感じがしませんね」と話が弾み、半年後にはセミナー開催。

これまで、

【CBRシンポジウム2016】(神戸)

【CBR熊本地震復興支援チャリティーセミナー】(福岡)

【CBR2016】(淡路島)

で先生のご専門である脳画像解析のお話を中心に講演して頂きました。

今回の研修会では玉利先生のもう一つのご専門である動作解析の話を加え、神経科学とバイオメカニクス(運動学)の観点から歩行について解説して頂きます。

神経科学と運動学は理学療法士にとって最も重要な基礎学問ではありますが、この二つの領域を融合する試みはリハビリテーションの世界においてこれまでほとんどなされてきませんでした。

これは両者に精通するセラピストが数少ないということでもあり、この不足を埋める教育プログラムの開発が急務であると考えてきました。

身体運動の制御は感覚機能を介した筋骨格系と神経系との相互作用によりなされています。

セラピストはこの仕組みを包括的に理解することが必要です。

私が知る限り、玉利先生はこの仕組みを初学者に効果的に教授することができる数少ないセラピストの一人です。

本研修会では、学生や若手が知識ゼロからでも理解できるよう、初日に加速度、モーメント、パワーといった物理学の基本的概念の解説から講義を始め、歩行に関わる関節運動の法則性を力学的に理解していきます。

そして2日目にはその関節運動を制御する神経系の働きについて、近年の脳画像研究からの知見や症例検討を交えて学習していきます。

先にも述べましたが、これまでのリハビリ業界では学校教育においてもそして学会においても神経系と運動器系は別物として扱われてきたように思います。

しかし、当然のことながら、人の身体運動において両者は密接に関係しています。

世界の学術は着々と学際化の方向に進んでおり、リハビリの世界においてもやがてこの波は訪れることでしょう。

「神経系が専門です」「運動器が専門です」といった専門性が意味を成さない時代が来るということです。

これからリハビリテーションを学んでいく学生や若手はキャリアの出来るだけ早い段階でそのことに気づき、視野を広げ統合する術を身に付けていかなければなりません。

この研修会がその一つのきっかけになれば幸いです。

次世代のリハビリテーションを担う皆さんへ。

数多くのご参加お待ちしています。


◆==============================◆
 CBR脳とバイオメカニクス研修会
 〜歩行の神経科学とバイオメカニクス〜
◆==============================◆


■会期

<大阪会場>
1日目 2017年7月8日(土)14:00〜18:00
2日目 2017年7月9日(日)10:00〜16:00

<福岡会場>
1日目 2017年8月19日(土)14:00〜18:00
2日目 2017年8月20日(日)10:00〜16:00

■会場

新大阪駅・博多駅周辺(徒歩圏内)セミナールーム
*会場所在地はお申込み後お知らせします*

■講師

福岡国際医療福祉学院 専任教員/国際医療福祉大学大学院 講師
玉利 誠

■企画・コーディネーター

神戸学院大学 准教授/脳とリハビリ研究所 ディレクター
坂本 年将

■研修会プログラム

http://stellar-mind.com/cbr-biomechanics/program2017.pdf

■参加申込サイト

http://stellar-mind.com/cbr-biomechanics

■講師プロフィール

1998年宮崎大学教育学部、2001年宮崎リハビリテーション学院卒業。臨床を経て、2006年より福岡国際医療福祉学院にて教鞭を取る。2015年国際医療福祉大学大学院理学療法学分野講師。脳卒中・パーキンソン病患者らの脳画像・動作解析に取り組んでいる。自身の研究に基づき、これまで数多くの研修会にて講師を務める。セラピストの卒後教育分野において現在最も活躍する理学療法士の一人である。

■主催者プロフィール

1989年神戸大学医療技術短期大学部卒業。1994年まで神戸大学医学部附属病院理学療法部にて股関節症患者の運動力学的研究に従事する。1994年渡米。1995年ニューヨーク州理学療法士免許取得。その後、コロンビア大学大学院(修士)、MIT脳認知科学科大学院(博士)等を経て現職。『カンデル神経科学』をベースにしたニューロサイエンス基礎講座【CBRベーシック】を中心に、全国各地で基礎と臨床を繋げる各種セミナーを開催中。


主催:脳とリハビリ研究所(CBR)
運営:株式会社ステラマインド